奈良の地酒屋 登酒店
奈良の地酒
各地の地酒
各地の焼酎
本場の泡盛
各種リキュール
ワイン
ビール
調味料/食品
店舗案内
蔵見学/酒の会
豆知識
四代目日記
創業者の名を冠した小仕込みによるこだわり

奈良豊澤酒造

奈良県奈良市今市町405

明治元年(1868年)に豊澤儀助が大阪玉造にて酒卸業を創業。
その後、酒造業に進出し、灘(神戸市)、伏見(京都市)、奈良、泉南尾崎(大阪府)、里庄(岡山県)で清酒酒造業を始めます。

二代目の儀三郎が本社を西城戸町に残し、酒蔵を現在の酒造場のある今市町に移転。
戦時統制経済体制のために、酒造業者の整理統合が進められ、泉南の酒蔵はこの時に廃業となり
伏見と灘は奈良の豊澤酒造本店に集約されます。
伏見(本家)が豊澤本店として独立し、灘豊澤酒造と奈良豊澤酒造が個人企業として独立。
3代目の儀雄は、戦後の極度の食糧不足のなか、配給されるわずかな米で酒造りを行い、酒蔵を守っていました。

昭和30年には戦前に経営していた清酒の卸業を廃止。
10月、個人企業を改組して、奈良豊澤酒造株式会社を設立します。

昭和40年代、日本全国で普通酒が全盛の頃、
4代目・豊澤安男は「これから世の中が豊かになるにつれ、 消費者は本当に良い酒を望むはずだ」と考えました。
そして、力を入れたのが純米酒造りです。
「高品質のお酒をたくさんの方に飲んでいただきたい」という思いから
価格を抑えた純米酒を世に送り出し、大変多くの方に支持されました。

創業以来、ほとんど機械化せずに手造りに徹した酒造りを行っています。

そんな奈良豊澤酒造が27BYから新たな取り組みとして商品化されたのが、限定流通酒『儀助』です。

「旨くて透明感ある究極の食中酒を造りたい」
そんな想いから、5代目蔵元と社員蔵人5名の挑戦が始まりました。

低精白・小仕込み・低温発酵・無濾過・無加水をコンセプトに
もの造りの原点に立ち返る意味合いの込めて、創業者の名を冠しています。




商品案内
儀助 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒|奈良豊澤酒造 儀助 特別純米 山田錦 無濾過生原酒|奈良豊澤酒造 儀助 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒|奈良豊澤酒造 儀助 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒|奈良豊澤酒造
儀助
純米吟醸 山田錦
無濾過生原酒
28BY
山田錦55%
儀助
特別純米 山田錦
無濾過生原酒
28BY
山田錦55%
儀助
純米吟醸 雄町
無濾過生原酒
28BY
雄町55%
儀助
純米吟醸
雄町
28BY
雄町55%







当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori sake,LTD All Rights Reserved