ޗǂ̒n oX
奈良醸造株式会社
NARA BREWING
自分たちが造りたいビールを造る!


奈良醸造は2017年7月に設立されたブルワリー。
2018年6月から醸造を開始しました。

代表取締役であり醸造責任者である浪岡安則さんは
京都醸造にて経験を積み
地元奈良にて醸造所を設立しました。

ビールは楽しい時間を演出するだけでなく、それ自体、面白い飲み物ではないか。

かつて、それぞれの街に酒蔵があったように
地域ごとに個性的なビールが造られるようになったら面白いんじゃないか。
奈良醸造がビール造りを志すきっかけとなった思いはそこにあります。

自分たちの造りたいビールを造る。

これは決して、自分たちがただやりたいことをやるということではありません。
目指すところは、ビールというお酒の広がりを感じてもらうこと。
その中で、どれだけ楽しいことが提案できるのか
自分たちも楽しみながらやっていこうと思っています。

奈良のことは、奈良の人が思うほどには、まだ奈良の外では知られていません。
だからこその『奈良醸造』。
奈良を離れたいろんな場所でも『奈良』という言葉が出てきたらうれしいな
という思いを込めています。
一方で、地名を冠するには、それだけの覚悟が必要です。
これは、これから奈良を拠点に活動していくことへの我々の強い意思表示でもあります。

醸造元資料より





奈良醸造
INTEGRAL


 奈良醸造初の定番ビール!

 これまで理想的なセゾン(とりわけ、クラシックセゾン)造りを求めて、BTTB、Ptolemy、Flemingと細やかなチューニングを行ってきた奈良醸造ですが、ようやく、これだ!というバランスに辿り着きました。

 2018年7月の醸造開始から2年経ち、これまで50種類を超えるビールをリリースしてきましたが、様々なビアスタイルに挑戦する一方で、ひとつひとつのビアスタイルにフォーカスすることも忘れず、ブラッシュアップを重ねた結果、奈良醸造初となる、定番ボトル商品としてこの「INTEGRAL」がリリースされました。

 ビアスタイルはセゾン。
 使用する麦芽、ホップ、酵母の選定にあたっては、セゾンスタイルのビールの故郷であるベルギーで使われてきた素材を使用。

 アルコール度数は高めながらも、飲み口は重たく感じさせないドライな仕上がりに。
 セゾン酵母由来のフルーティな香り、続いてホップからくるマイルドな柑橘の味わいが口中に溢れ、飲み込んだ後に残る上品な苦味が、最後に複雑な味わいを引き締めます。


 口当たりにはほんのり甘みのある、ジューシーな旨み。
 苦味は少なく、軽やかなフルーティー感に柔らかな飲み心地。

 爽やかでフルーティーな味わいながら、度数由来のリッチな要素もあり、満足感のある味わいで、余韻にかけてほのかな穀物感や複雑味も感じられます。


【STYLE】SAISON
【HOPS】Styrian Goldings, Merkur
【MALTS】Pilsner Malt, Carapils
【OTHERS】Sugar


 奈良醸造のボトルシリーズは瓶内二次発酵の手法を用いています。
 瓶内二次発酵はベルギービールでは古くから用いられている手法で、一次発酵終了後のビールに炭酸ガスを注入せず、瓶詰めする際に少量の糖分を加えることで、酵母に再度の発酵を促します。
 糖分は発酵の際に炭酸ガスに分解され、瓶内で炭酸ガスがビールに溶け込むことにより完成します。
 この手法を用いることにより、常温(冷暗所)での保管が可能となっています。

原材料 麦芽・ホップ・ショ糖 アルコール度数 7.5%
     IBU  24
品 名 価格
INTEGRAL 750ml ¥1,900 (外税)






奈良醸造
INTEGRAL BRETT Ver.


 BRETTバージョン!

 このINTEGRAL(インテグラル)の”BRETT(ブレット)バージョン”は、ブレッタノマイセスを使用した限定品。

 定番ボトル商品「INTEGRAL」と、ベースとなるビールは全く同じもの。
 異なる点は、瓶詰めを行う際に少量のブレッタノマイセスと呼ばれる酵母を加えて瓶内二次発酵を行っていること(通常はビール酵母でもあるサッカロマイセスを使っています)。
 言わば、酵母違いのバージョンです。

 セゾン酵母由来のフルーティな味わいと、ブレッタノマイセス由来のスパイシーさ、英語で「FUNKY」と形容される独特の複雑な味わいは、世界中のビールファンを熱狂させています。

 このビールはお手元で熟成を進めていただくことで、さらに複雑となった
味わいを楽しんでいただくこともできます。


【STYLE】SAISON
【HOPS】Styrian Goldings, Merkur
【MALTS】Pilsner Malt, Carapils
【OTHERS】Sugar


 奈良醸造のボトルシリーズは瓶内二次発酵の手法を用いています。
 瓶内二次発酵はベルギービールでは古くから用いられている手法で、一次発酵終了後のビールに炭酸ガスを注入せず、瓶詰めする際に少量の糖分を加えることで、酵母に再度の発酵を促します。
 糖分は発酵の際に炭酸ガスに分解され、瓶内で炭酸ガスがビールに溶け込むことにより完成します。
 この手法を用いることにより、常温(冷暗所)での保管が可能となっています。

原材料 麦芽・ホップ・ショ糖 アルコール度数 7.5%
    IBU 24
品 名 価格
INTEGRAL BRETT Ver. 750ml ¥2,300 (外税)






奈良醸造
WOODSTOCK


 古きよき時代のスタウト!

 このWOODSTOCK(ウッドストック)のビアスタイルは、”Foreign Extra Stout”。
 起源をたどると1801年のアイルランド、もともとは海外輸出向けに作られたスタイルです。
 船での長旅による劣化を避けるため、普通のStoutよりアルコール度数を高めに設定し、防腐剤の役割もあるホップも多めに使用されています。

 ふんだんに使用した麦芽に加えて、三温糖と乳糖を投入。
 さらに、メープルシュガーを隠し味に忍ばせています。
 そのうえで、ヘビーローストしたオークチップを漬け込み、木の香りを重ねました。
 熟成期間にしておよそ半年。
 これまでの奈良醸造のビールの中でも、最も長い熟成期間を取ったものになります。

 では、なぜウッドチップ(オークチップ)を使用するのか。
 今でこそ、衛生面と効率性の観点から、醸造タンクの大部分がステンレスタンクに取って代わられてしまいましたが、もともとお酒というものは、ビールに限らず木樽で仕込まれてきました。
 日本酒には杉樽が、ワインやビールではオーク樽が使われてきたのがその代表的な事例でしょう。
  そんな古い時代に作られていたビールのニュアンスを、ウッドチップを加えることで再現を試みています。
  この”Foreign Extra Stout”が生み出された時代、ビールは木樽に詰められて世界中に運ばれていました。
 長期の熟成期間を取ったことも含め、是非このビールにロマンを感じていただきたく思います。


 口に含めば、焦がしたカラメルのフレバーに、芳醇な甘さ、焙煎した麦芽からの僅かな酸が感じられます。
 喉を通ると、甘さが包んでいた苦みが余韻として残るとともに、ほのかに木の香りが鼻から抜けていきます。

 温度が上がるにつれ、甘みが強く感じられるようになるとともに、隠し味に忍ばせていたメープルのフレバーが顔を出し始めます。

 甘味、苦味、酸味が渾然一体となった今回のWOODSTOCK。
 いま飲んでも楽しめますが、熟成させることで、さらに複雑な味わいになることが期待できます。



【STYLE】Foreign Extra Stout
【HOPS】
Willamette, Merkur
【MALTS】Maris Otter, Carared, Caraaroma, Carafa, Roasted Barley
【OTHERS】Sugar, Lactose, Flaked Oats, Maple Sugar, Woodchip


 奈良醸造のボトルシリーズは瓶内二次発酵の手法を用いています。
 瓶内二次発酵はベルギービールでは古くから用いられている手法で、一次発酵終了後のビールに炭酸ガスを注入せず、瓶詰めする際に少量の糖分を加えることで、酵母に再度の発酵を促します。
 糖分は発酵の際に炭酸ガスに分解され、瓶内で炭酸ガスがビールに溶け込むことにより完成します。
 この手法を用いることにより、常温(冷暗所)での保管が可能となっています。


※本商品は、副原料の使用割合により酒税法上は「発泡酒」となります。

原材料  麦芽・三温糖、乳糖、オーツ麦、ホップ
メープルシュガー、木片、ショ糖
 
アルコール度数 7.5%
 IBU  20
品 名 価格
WOODSTOCK 750ml ¥2,100 (外税)






奈良醸造
UNDERWATER


 油長酒造とのコラボによる、吟醸香が豊かに香る仕上がり!

 この UNDERWATER(アンダーウォーター)は、奈良醸造初となる日本酒の蔵元とのコラボビール。
 コラボした相手は、奈良県を代表する「風の森」を醸す油長酒造。

 以前にリリースした「Philharmony」製造に際に、油長酒造が構えるクラフトジンの蒸留所である大和蒸留所から大和橘を分けてもらった経緯がありましたが、今回は本格的なコラボレーションとなりました。

 まずは原材料に、風の森で使用されている酵母、米麹に加え、仕込水まで使用する徹底っぷり。
 そして、そのうえで以下3点の工夫を行っています。

 ①ホップを使わない
 ②米麹を使用すること
 ③長期低温発酵

 清酒酵母が醸し出す香りを前面に押し出す為に、リスクを高めてまでホップを使わない選択をし、麦汁の中に含まれる糖分を清酒酵母でも分解できるよう米麹を使用。
 そして通常よりもかなりの低温で、3倍の期間をかけてじっくりと発酵させています。


 見た目は、うすにごり。
 ヘイジースタイルのビールを思わせますが、このにごり、米麹からくるものです。
.
 グラスを傾けると、圧倒的な吟醸香。
 熟したリンゴやパイナップル、濃厚なイチゴなど様々な果実香が複雑に絡み合って感じられます。
 この吟醸香は、7号系酵母を用いて低温で長期間発酵させることにより引き出されたものです。
 ともすれば、日本酒よりも香りが強く感じられるのは、米と比べて麦芽のほうがアミノ酸を多く含んでいることに由来すると思われます。
.
 口に含めば、わずかな発泡と、米麹由来の柔らかな口当たり。
 ビールとしてはドライですが、日本酒としては甘み十分。
 そして、ホップを一切使っていないにも関わらず、麦芽のアミノ酸由来と思われるほのかな苦味を感じることができます。

 11%を超えるアルコール度数は、ビールと思えばハイアルコール。
 しかしながら、日本酒の中では控えめの度数でもあります。
 喉を滑り落ちていくときの印象はビールよりもさながら日本酒のようです。

 ビールと日本酒の特徴が行ったり来たりするさまを五感で楽しんでいただける、そんな様々な実験的要素を詰め込んだ味わいに仕上がりました。


 香りにはエステル系の吟醸香。
 口当たりには円みがあり、やや甘やかさを伴うリッチな旨みが広がります。

 麦汁由来の要素がビールであることを認識させますが、カーボネーションを控えめにしたこともあり、リッチな吟醸酒を感じさせる味わいがあり、カテゴリーの枠を超えた仕上がり。

 透明感やジューシー感、デラウェアのような果実感があり、旨味たっぷりながら度数を感じさせない飲み心地の良さは、風の森同様に行った長期低温発酵ゆえかもしれません。


【STYLE】SAKE YEAST BEER
【MALTS】Pilsner Malt
【OTHERS】Sugar, Koji


 より詳しい内容は、奈良醸造さんのブログをご覧ください。
 奈良醸造×油長酒造・1(経緯) - Nara Brewing Co. - 奈良のクラフトビール醸造所
 奈良醸造×油長酒造・2(仕込水) - Nara Brewing Co. - 奈良のクラフトビール醸造所
 奈良醸造×油長酒造・3(酵母と麹) - Nara Brewing Co. - 奈良のクラフトビール醸造所
 奈良醸造×油長酒造・4(完成) - Nara Brewing Co. - 奈良のクラフトビール醸造所


 このビールは通常のボトルシリーズと違い、要冷蔵商品となります。
 保管は冷蔵でお願い致します。


原材料  麦芽・ショ糖・米麴 アルコール度数 11.5%
 IBU ---
品 名  完売致しました 価格
UNDERWATER 375ml ¥900 (外税)







奈良醸造
PHILHARMONY


 奈良産の大和橘を使ったベルジャンウィット!


 奈良産の大和橘を使ったベルジャンウィット「PHILHARMONY」。

 大和橘とは、日本古来より存在する固有種の柑橘で、古くは万葉集にもその名前が歌われているなど、日本人には馴染みのある柑橘でしたが、現在では準絶滅危惧種に指定されているほど希少なものとなっています。

 前回は秋のリリースだったのに、今回は春のリリース。
 実は大和橘の収穫時期は12月から1月にかけてであり、前回は冷凍保存していた果汁を使用してビールを造っていましたが、今回は収穫したての大和橘を使って、よりフレッシュな味わいを楽しんで頂けるようにすると共に、果汁だけでなく果皮も使うことで、大和橘の香りがくっきりと際立つようにしています。

 そしてもうひとつ。PHILHARMONYにはレモングラスも使用しています。
 奈良県南部の下市町でレモングラスを栽培されている生産者さんがいらっしゃり、今回は奈良産のものを使用。
 畑から掘り起こしたものを持ち帰り、フレッシュハーブとして使用しています。

 これらの素材を使って、ベルギーに起源を持つ Belgian Wit と呼ばれるスタイルの小麦ビールとなっています。
 伝統的な Belgian Wit の特徴は、小麦を使用することによる、見た目のうす濁りと爽やかな飲み口。
 タンパク質を多く含む小麦を使用することにより、うすく濁るだけでなく、独特のマウスフィールが生まれます。

 今回は、前述の大和橘、レモングラスに、Belgian Wit には伝統的に使用されているコリアンダーシードをスパイスとして使用しています(隠し味として、ほんの少しのクミンも加えており、香りにさらに複雑さを与える結果となっています)。

 優しい麦芽の甘み、大和橘のほのかな酸味、コリアンダーシードとレモングラスの爽やかな飲み口、それぞれ素材の個性が埋没することなく調和することで、さっぱり飲みやすくも、その奥にある複雑な味わいを楽しんでいただけます。


 色調にはやや濁りがあり、オレンジがかったゴールドイエロー。
 香りには爽やかな柑橘に小麦のニュアンス。

 口当たりは瑞々しく、軽やか。
 カーボネーション控えめで滑らかな飲み口に、スッキリとした柑橘の果実感と爽やかな酸。

 余韻にかけてコリアンダーやレモンのような要素があり、穀物的な複雑味も感じられます。

 苦味少なく、優しい味わいで、非常に飲み心地のよい仕上がりです。


【STYLE】BELGIAN WIT w/TACHIBANA
【HOPS】
Willamette
【MALTS】Pilsner Malt, Wheat Malt, Two Row Pale, Carapils, Flaked Wheat
【OTHERS】Tachibana, Lemongrass, Coriander, Cumin


 このビールは通常のボトルシリーズと違い、要冷蔵商品となります。
 保管は冷蔵でお願い致します。


原材料  麦芽・小麦・大和橘・ホップ
レモングラス・コリアンダー・クミン
アルコール度数 4.5%
 IBU  15
品 名 価格
PHILHARMONY 375ml ¥900 (外税)






奈良醸造
AXIS 缶


 ヒュルメロン・モザイクホップが香るホッピーなセゾン!

 奈良醸造から新たにリリースされた缶ビール「AXIS(アクシス)」。
 新たにラインナップに加わった350ml缶の記念すべき第一弾です。

 ベルギー発祥のセゾン酵母に、最近のアメリカンIPAによく使われるホップをかけ合わせた、ホッピーなセゾンです。
 主役のホップはHuell Melon。
 その名の通り、熟したメロンのような香りが特徴的なホップ。
 これにかけ合わせるのは、今や大人気のホップのひとつ、Mosaic。

 Huell Melon由来の熟したメロンのような香り、Mosaic由来の様々な果実感、そして、セゾン酵母由来の清涼感が喉を通り抜けていき、爽やかな苦味が余韻として残ります。


 香りには爽やかなホップのニュアンス。
 青草や白葡萄、メロンのニュアンスも感じられます。

 口当たりには瑞々しさがあり、クリアな飲み口にドライでビターな苦味。
 軽やかで爽やかな味わいに、ホップ感がしっかりと楽しめる味わいです。


 これまで奈良醸造は、コペルニクス、ケプラー、パスカル、そしてラプラスと、リリースのたびにホップの組み合わせを変えて、セゾン酵母とホップの相性に挑戦してきました。
 今回はHuell Melonと、大人気のホップのひとつ、Mosaic。
 伝統的なセゾン酵母とモダンなホップをかけ合わせを、お楽しみください!


【STYLE】AMERICAN-BELGO-STYLE ALE(ホッピーなセゾン)
【HOPS】Huell Melon, Cascade, Mosaic, Hallertau Blanc, Merkur
【MALTS】Pilsner Malt, Two Row Pale, Carapils



 奈良醸造では、タップルームに来られたお客様がフレッシュな生ビールをお持ち帰りいただけるよう、クラウラー(缶詰め持ち帰り)販売を行っています。
 ビールを注ぐ前の缶に炭酸ガスを充填し、出来る限り酸化劣化を防ぐようにしていますが、おおむね3日以内でお飲みいただくことを推奨しております。

 一方、今回の缶ビールは、全国の皆様にお届けできるよう、機械を使って缶詰めした「缶ビール」です。
 2020年まではスタッフが1本1本手詰めしていましたが、2021年から導入した設備で効率的に缶詰めできるようになり、より良い状態でリリースできるようになりました。

原材料  麦芽・ホップ アルコール度数 6%
 IBU 30
品 名 価格
AXIS 缶 350ml ¥650 (外税)






奈良醸造
FUTURA 缶


 ふくよかな麦芽の風味を楽しめるビール!

 奈良醸造から新たにリリースされた缶ビール「FUTURA(フーツラ)」。

 本来はラガー酵母(下面発酵酵母)で造られるメルツェンを、エール酵母(上面発酵酵母)を使って発酵させました。
 言わば、ラガーとエールのハイブリッド。
 長期低温熟成を経て、トーストしたパンのようなモルトの甘みとホップの苦味が調和したビールです。
 アルコール度数は5.5%、どんな食事とも相性の良い、バランスの取れた仕上がりになっています。


 色調はやや濃いめのブラウンカラー。
 香りは比較的穏やかです。

 口当たりには、やや香ばしいモルト感。
 ほんのり甘みを感じる飲み口に、爽やかなホップのニュアンス。

 ドライでビターな要素と共に、コクのある旨みやほろ苦さ。
 落ち着いた味わいで、穏やかで安心感のある飲み飽きしない美味しさです。


 『ゆるゆると杯を重ねながら、それぞれの時間を過ごしてもらうためのビール』がコンセプトのビールとなっており、ラベルにもあるように「ビールと読書」が裏テーマとなっています。


【STYLE】GERMAN ALE
【HOPS】Liberty, Merkur
【MALTS】Munich, Vienna, Two Row Pale, Melanoidin



 奈良醸造では、タップルームに来られたお客様がフレッシュな生ビールをお持ち帰りいただけるよう、クラウラー(缶詰め持ち帰り)販売を行っています。
 ビールを注ぐ前の缶に炭酸ガスを充填し、出来る限り酸化劣化を防ぐようにしていますが、おおむね3日以内でお飲みいただくことを推奨しております。

 一方、このの缶ビールは、全国の皆様にお届けできるよう、機械を使って缶詰めした「缶ビール」です。
 2020年まではスタッフが1本1本手詰めしていましたが、2021年から導入した設備で効率的に缶詰めできるようになり、より良い状態でリリースできるようになりました。

原材料  麦芽・ホップ アルコール度数 5.5%
 IBU 19
品 名 価格
FUTURA 缶 350ml ¥630 (外税)




当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori sake,LTD All Rights Reserved