奈良の地酒屋 登酒店
クラインクネヒト
Kleinknecht
名門Kleinknecht家の7代目


アルザス地方は北のBAS RHIN県と南のHAUT RHIN県の2つの行政から成立つワイン産地で
フランスでも2番目にGNPの高い豊かな地方です。
1位は勿論パリ市のイル・ド・フランスですから、実質地方都市としては断トツです。
フランス通なら67番の車はストラスブールが県庁、68番がコルマールは県庁とご存知ですね。
ドイツと隣接し、標識も目に付くアナウンスはフランス語とドイツ語の2つで書かれております。

そのストラスブールのバーラン県に位置する小さな村、MITTELBERGHEIMに7代続く名門KLEINKNECHT家。
長男アンドレ・クラインネクト氏は1968年8月4日生まれ。
1991年からワイナリーを手伝い、醸造家として25年以上の経験豊富な乗りに乗った働き盛りの生産者です。
 
お父様は2002年に引退し、その後はアンドレが全て引き継ぎ
その当時7.5?の規模でしたが、ゆっくりと畑を買い増し、現在は9.5?の所有者となりました。
1998年にBIOに切り替え、2012年からビオディナミ農法に切り替えました。
デメテールには2014年から申請。

瓶詰めはお爺様の時代から始め、お父様の時代は馬で畑を耕しておりました。
今は馬を手放してしまったけど、時々友人の馬で畑の一部を耕しております。
畑は無農薬ですが、ナチュラルワインに切り替えたのは最近です。

彼のラインの半分以上は無農薬ワインですが、醸造過程に拘るナチュラルワインではありません。
SO2を使用しないワインの存在は知ってはいたけど、なかなか踏み切れませんでした。
そんな時、クリスチャン・ビネール氏やパトリック・メイエー氏と出会い、「自分でも実践してみよう!」と決意しました。


(インポーター資料より)





Orange is the New White 2019
クラインクネヒト オレンジ・イズ・ザ・ニュー・ホワイト 2019   ビオディナミ


 柑橘の酸とふくよかさ!

 MITTELBERGHEIMに7代続く名門KLEINKNECHT家。
 1998年にBIOに切り替え、2012年からバイオダイナミック農法に切り替えました。
 畑は無農薬ですが、ナチュラルワインに切り替えたのは最近で、彼のラインの半分以上は無農薬ワインですが、醸造過程に拘るナチュラルワインではありませんでしたが、クリスチャン・ビネール氏やパトリック・メイエー氏と出会い、「自分でも実践してみよう!」と決意。
 2015年からナチュラルワインの世界に足を踏み入れました。

 このワインは、5種の葡萄を使用したオレンジワイン。
 10月上旬に収獲したブドウ5品種を除梗せず一緒に3週間醸しプレス後、60hlのステンレスタンクで7 ヶ月発酵・熟成しサンスフルで仕上げました。


 色調は、憂いを含んだサーモンピンク色。
 香りにはアールグレイなど紅茶のニュアンス。

 口当たりには瑞々しさがあり、しっとり。
 柑橘系の酸を伴う飲み口に、じんわりと広がるビターなタンニン。

 ふくよかな旨みに少々スモーキーさ。
 香り同様に紅茶の要素があり、複雑味が感じられますが、ジューシーな果実感もしっかりとあり、飲み心地よく仕上がっています。


原産国 フランス 地方 アルザス
品種 ゲヴュルツトラミネール30%
ピノグリ30%、ミュスカ20%
リースリング10%、シルヴァネール10%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 13% 飲み頃温度帯 8〜16℃
土壌 泥灰土 AOC Vdフランス
品 名 価格
オレンジ・イズ・ザ・ニュー・ホワイト 2018 ¥2,657 (外税)





Delirium NV(2017)
クラインクネヒト デリリウム NV   ビオディナミ


 チャーミングな甘酸っぱさ!

 MITTELBERGHEIMに7代続く名門KLEINKNECHT家。
 1998年にBIOに切り替え、2012年からバイオダイナミック農法に切り替えました。
 畑は無農薬ですが、ナチュラルワインに切り替えたのは最近で、彼のラインの半分以上は無農薬ワインですが、醸造過程に拘るナチュラルワインではありませんでしたが、クリスチャン・ビネール氏やパトリック・メイエー氏と出会い、「自分でも実践してみよう!」と決意。
 2015年からナチュラルワインの世界に足を踏み入れました。

 「デリリウム」とは大きな混乱状態を意味し、村の芸術家が描く旋風をエチケットに描きました。

 2014年と2015年のシルヴァネール、ピノブラン、ピノグリ、ゲヴュルツトラミネールのワインをベースに、2016年ピノブランの果汁と2016年のグランクリュ・ピノグリの搾りかすを加え、醸し・発酵・熟成したもの(50%)に2017年のピノグリ(50%)をソレラシステムで継ぎ足しました。
 SO2無添加。


 色調は憂いのあるサーモンオレンジ。
 香りにはチャーミングさ。
 ラズベリーやイチゴのニュアンスが感じられます。

 口当たりには瑞々しさがあり、軽やか。
 ややスッキリとした飲み口に、クランベリーのような甘酸っぱ系の果実感。
 じんわりと感じられるタンニン。

 プラムのような酸味とジューシーな果実感がバランスをとっています。


原産国 フランス 地方 アルザス
品種 2017年のピノグリ50%
2014〜2016年のシルヴァネール
ピノブラン、ピノグリ
ゲヴュルツトラミネール50%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 13% 飲み頃温度帯 8〜16℃
土壌 泥灰土 石灰 AOC Vdフランス
品 名 価格
デリリウム NV(2017) ¥2,486 (外税)





Fleur d'Or 2018
クラインクネヒト フルール・ドール   ビオディナミ


 カジュアルで美味しい!

 MITTELBERGHEIMに7代続く名門KLEINKNECHT家。
 1998年にBIOに切り替え、2012年からバイオダイナミック農法に切り替えました。
 畑は無農薬ですが、ナチュラルワインに切り替えたのは最近で、彼のラインの半分以上は無農薬ワインですが、醸造過程に拘るナチュラルワインではありませんでしたが、クリスチャン・ビネール氏やパトリック・メイエー氏と出会い、「自分でも実践してみよう!」と決意。
 2015年からナチュラルワインの世界に足を踏み入れました。

 このワインは3品種の葡萄を使用したカジュアルな白ワイン。
 標高260mに植わるシルヴァネール、ピノブラン、リースリングの3品種をステンレスタンクで発酵・熟成し、無濾過・無清澄・SO2無添加で瓶詰めしました。


 色調は、淡いライトイエロー。
 香りには柑橘や白い花のニュアンス。
 ほのかに火打石の要素も感じられます。

 口当たりには瑞々しさがあり、軽やか。
 円みのある、しっとりとした飲み口に、柔らかなグレープフルーツ感。

 キリっとした柑橘系の酸にジューシーな果実感を感じる、飲み心地良い味わいです。


原産国 フランス 地方 アルザス
品種 シルヴァネール45%
ピノブラン45%
リースリング10%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 13% 飲み頃温度帯 6〜14℃
土壌 泥灰土 石灰岩 花崗岩 AOC Vdアルザス
品 名 価格
フルール・ドール 2018 ¥2,143 (外税)





当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori-sake.biz All Rights Reserved.