奈良の地酒屋 登酒店
マリンガ
MALINGA
骨格に酸!調和と安定感!




マリンガの造り手クリストフ・ハイスは、家族経営のワイナリーで育つ。
オーストリアで唯一ぶどう栽培学部がある高校進学。
ぶどう園やセラーの仕事に興味を見出し卒業後は学位を取得し、家族経営のワイナリーで働き始めるが
学校で学んだ理論的な知識は、実用的ではないことに気が付き
経験を積むために2011年にニュージーランドのマールボロ地方のブレナムにあるヤーランズ・エステート・ワイナリーに
2012年にはドイツのプファルツにあるビュルクリン・ヴォルフに行き収穫を手伝う。

2014年、2016年、2017年は冬休みを利用して、南アフリカに行く。
2014年はクレイグとヤルゲンがいるラムズフック、2016年はMCがいたMeerhof Wines、2017年はヤルゲンのインテレゴ・ワインズ。
南アフリカでエネルギーに満ち溢れたワイン本来の味わいに感銘を受け、ナチュラルワインを造ることが目的となった。

畑の土壌には黄土と片麻岩があり、2年前から畑に鶏がいる。
南東のカルパチア盆地から暖かい気候が来て、北からは寒い気候が来る。
骨格に素晴らしい酸があり、時間が経つにつれ、色々な香りがあり、調和があり、安定性がある飲みやすいワインを目指す。

時間経過による変化はワイン造りの非常に重要なポイントである。
異常気象に対応し、良質のワインを造れるように、今後数年間は良い土壌を築くために最善を尽くしたい。
毎年小さな改善をして最適なものを造り上げたい。

すべてのぶどうを自分のワインを造るのに使用したり、海抜が高い場所、森の横の涼しい場所など
良いワインが造れる面白い区画を見つけたり、大きい畑をフェンスで囲み、動物を放し飼いすることが目標。







GRUNER VELTLINER 2019
マリンガ グリューナー・ヴェルトリーナー 2019   有機栽培


 ジューシーなグレープフルーツ感!

 家族経営のワイナリーで育ったクリストフ・ハイスは、南アフリカでエネルギーに満ち溢れたワイン本来の味わいに感銘を受け、ナチュラルワインを造ることが目的となった。
 骨格に素晴らしい酸があり、時間が経つにつれ、色々な香りがあり、調和があり、安定性がある飲みやすいワインを目指し、毎年小さな改善を行い最適なものを造る努力をしています。

 このワインはグリューナー・ヴェルトリーナーを使用した白ワイン。
 樹齢35-40年のリート・ガンスルグラーベン区画と、リート・シュタイン区画のローム、花崗岩土壌の畑のオーガニックぶどうを使用。
 手摘みで収穫、選果後、全房でプレス、225L木樽に移し、自然発酵。
 澱と一緒にシュールリーにて14カ月間熟成。
 ノンフィルターでボトリング。


 香りには爽やかさ。
 パイナップルやパッションフルーツのようなニュアンスも感じられます。

 口当たりには瑞々しさがあり、フレッシュ。
 しっとりとした滑らかな飲み口に、グレープフルーツな果実感。

 キリっとした酸味やミネラル感はありつつも、ジューシーで飲み心地良い味わいです。


原産国 オーストリア 地方 カンプタール
品種 グリューナー・ヴェルトリーナー100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 12.5% 飲み頃温度帯 6〜14℃

品 名 価格
グリューナー・ヴェルトリーナー 2019 ¥2,829 (外税)






当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori-sake.biz All Rights Reserved.