奈良の地酒屋 登酒店
奈良の地酒
各地の地酒
各地の焼酎
本場の泡盛
各種リキュール
ワイン
ビール
調味料/食品
店舗案内
蔵見学/酒の会
豆知識
四代目日記
老舗蔵の新たな取組み!

江井ヶ嶋酒造

兵庫県明石市大久保町西島919





江井ヶ嶋酒造は兵庫県明石市の江井島にあり、南は瀬戸内海に面しています。

江井島は「魚住の泊」として、奈良時代より重要な港として栄えていました。
又、良い水が出ることでも知られ「えい水が出る井戸のある島」ということで地名の由来にもなっています。

播磨地方は古くから良質米の産地でもあり、江井島では1670年代に卜部家により酒造業が営まれていました。
江井ヶ嶋酒造には1679年幕府が発行した「酒造株」が残っています。
創業者卜部兵吉は、1873年に21才で分家独立し酒造業を営んでいました。
この当時江井島には27の酒造場があり、卜部兵吉は一大株式会社設立の構想を持ち、同業有志と協議しましたが
大統合はできず、次善策として、1888年(明治21年)に兄弟縁者5名で江井ヶ嶋酒造株式会社を設立しました。
会社設立の目的は、地元の資本を結集し、酒の大量生産、大量販売によって
会社の発展、郷土の繁栄をもたらすことであったのです。

1889年より蔵建設を進め、1892年には11倉で1万石を越える生産をし
1910年には15倉で1万5千石を越える生産をしました。(全国で第4位)
1919年(大正8年)には、アルコール工場を新設し
焼酎、みりん、甘味ぶどう酒、ウイスキーなどの生産を始めて、総合酒類メーカーとなりました。

28BYからは、奈良県の今西酒造でも杜氏を務めていた中村裕司氏を杜氏に迎え
『舌ではなく、心に残る酒』をモットーに、冬場は清酒造り、夏場はウイスキー造りの二刀流で酒造りに励んでいます。

現在、清酒は「神鷹」を主力ブランドとして展開しておりますが
令和元年から株式会社設立時(1888年)のブランド「日本魂(やまとだましい)」を復活させ
専門店限定流通酒として世に出しています。


商品案内
日本魂 純米無濾過生原酒 みずもと仕込み|江井ヶ嶋酒造 日本魂 純米無濾過生原酒 みずもと仕込み|江井ヶ嶋酒造 日本魂 純米無濾過生原酒 からくち7|江井ヶ嶋酒造
日本魂
無濾過生原酒

みずもと仕込み

30BY

ハナエチゼン・どんとこい 70%
日本魂
無濾過生原酒

みずもと仕込み

29BY

ハナエチゼン・どんとこい 70%
日本魂
無濾過生原酒

からくち7

30BY

夢錦65%





当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori sake,LTD All Rights Reserved