奈良の地酒屋 登酒店
ヨハン・メイヤー
JH.Meyer
魅惑で繊細なワインを造る生産者





小柄で人懐っこい性格から、みんなからはストンピーという愛称でイジられている愛されキャラ。
その見た目からは想像を絶する魅惑で繊細なワインを造る素晴らしい生産者。

エルゼンバーグカレッジで醸造学と栽培学の学位取得。
その後、カリフォルニアのナパ・バレー、セントラルコースト、ニュージーランドで
特にピノノワール、シャルドネのワイン造りの基礎を勉強。

2008年に南アフリカに帰国し
タルバッハの小さなワイナリーでヘッドワインメーカー及びブドウ栽培家を担当すると数々の賞を受賞。
2010年から現在まで、スワートランドのマウント・アボラにて醸造責任者兼自分のブランドのワインを造る。

今後は、南アフリカのテロワールを表現し、トップクオリティのワインを生産することにより
世界に南アフリカは真剣にワイン造りをしているんだぞと示したい。

(インポーター資料より)





Force Majeure Semillon 2017
マザー・ロック フォース・マジュール・セミヨン 2017   有機栽培

 華やかさにキリっとしたミネラル感!

 ヨハン・メイヤーは、小柄で人懐っこい性格から、みんなからはストンピーという愛称でイジられている愛されキャラ。
 その見た目からは想像を絶する魅惑で繊細なワインを造る素晴らしい生産者です。

 『マザー・ロック』は、ヨハン・メイヤーと英国のワインインポーターであるインディゴとのコラボによって運営されているブランド。

 このワインはセミヨンを使用した上質感のある白ワイン。

 しっかりとした骨格とアロマを造り、それと合わせて、適正なph指数と酸を確保するため、葡萄を異なる糖度で収穫します。

複雑さと熟成力を上げるために、酸化を発酵前に行い、ワインの90%は温度14度のステンレスタンクで発酵させ、残りは300Lサイズの古樽で発酵させます。

 葡萄の20%は全房スキンコンタクトで2週間、発酵させてます。
 葡萄の搾りかすと一緒に7カ月間熟成させ、ノンフィルターで、ブレンドとボトリングを行います。


 香りには爽やかさと華やかさ。

 ややキリっとした要素を感じる飲み口に、ミネラル感と共にふくよかな旨みが広がります。

 上質感のある味わいながら親しみやすさがあり、飲み心地よい仕上がりです。

原産国 南アフリカ 地方 スワートランド
品種 セミヨン100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 11.5% 飲み頃温度帯 8〜14℃

品 名  完売致しました 価格
フォース・マジュール・セミヨン 2017 ¥2,572 (外税)





Force Celeste Cinsault 2017
マザー・ロック フォース・セレステ・サンソー 2017   有機栽培

 チャーミングなじんわり系!

 ヨハン・メイヤーは、小柄で人懐っこい性格から、みんなからはストンピーという愛称でイジられている愛されキャラ。
 その見た目からは想像を絶する魅惑で繊細なワインを造る素晴らしい生産者です。

 『マザー・ロック』は、ヨハン・メイヤーと英国のワインインポーターであるインディゴとのコラボによって運営されているブランド。

 このワインはサンソーを使用したチャーミングな赤ワイン。

 葡萄は1987年に植えられたマルムスベリー地区の単一畑。
 フレッシュでエレガントな味わいにするため、発酵前に酸化はさせません。  

 100%全房プレス、そして、約2週間ほど発酵。
 その後、1週間、皮と茎と一緒に発酵。
 100%ステンレスタンクで熟成し樽の使用は無し。
 7カ月間熟成し、ボトリング。
 SO2の添加は無しでノンフィルター。


 香りはフレッシュで、ベリーやスミレなど花のニュアンスも感じられます。

 口当たりには瑞々しさがあり、軽快さのある飲み口にしっかりとした酸も感じられる味わい。

 チャーミングな要素にじわじわとタンニンが感じられ、スパイシーな要素も楽しめます。

 じんわりとした果実味で飲み心地よい仕上がりです。

原産国 南アフリカ 地方 スワートランド
品種 サンソー100%
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 11.5% 飲み頃温度帯 8〜16℃

品 名  完売致しました 価格
フォース・セレステ・サンソー 2017 ¥2,828 (外税)





Force Celeste Rose Pet-Nat 2017
マザー・ロック フォース・セレステ・ロゼ・ペットナット 2017   有機栽培

 酸味がクセになるロゼ・ペティヤン!

 ヨハン・メイヤーは、小柄で人懐っこい性格から、みんなからはストンピーという愛称でイジられている愛されキャラ。
 その見た目からは想像を絶する魅惑で繊細なワインを造る素晴らしい生産者です。

 『マザー・ロック』は、ヨハン・メイヤーと英国のワインインポーターであるインディゴとのコラボによって運営されているブランド。

 このワインはピノタージュとコロンバールを使用したロゼ・ペティヤン。

 しっかりとした骨格とアロマ、それと合わせて、適正なph指数と酸を確保するため、糖度検査の値で収穫せず味わいを見て収穫します。

 フレッシュさとエレガントさを出すために、発酵前に酸化はさせません。
 100%全房プレス、古木樽で約10日間発酵。
 その後ボトリングをし、ボトル内で発酵が終わります。
 約9か月間葡萄のカスと一緒に寝かせ、デゴルジュを行い、SO2無添加で瓶詰め。


 香りには爽やかさ。
 白い花のようなニュアンスも感じられます。

 フレッシュな口当たりに、クエン酸的な酸味がしっかりと効いた味わい。
 甘みの少ない梅酒のような雰囲気もあり、なかなか個性的な味わいですが、これがまたクセになる不思議な仕上がり。

 レモンサワーのようなイメージで爽やかにお楽しみください。


 ※実際のワインの色調はほぼ白ワインですが、南アフリカでは赤葡萄を使用したワインは白ワイン色でもロゼのカテゴリーとなる為、ロゼ表記となっています。

原産国 南アフリカ 地方 スワートランド
ロゼ・泡 品種 ピノタージュ71%
コロンバール29%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 12% 飲み頃温度帯 6〜14℃

品 名  完売致しました 価格
フォース・セレステ・ロゼ・ペットナット 2017 ¥2,828 (外税)





MOTHER ROCK WHITE 2018
マザー・ロック マザー・ロック・ホワイト 2018   有機栽培

 柔らかで軽やかな果実味!

 ヨハン・メイヤーは、小柄で人懐っこい性格から、みんなからはストンピーという愛称でイジられている愛されキャラ。
 その見た目からは想像を絶する魅惑で繊細なワインを造る素晴らしい生産者です。

 『マザー・ロック』は、ヨハン・メイヤーと英国のワインインポーターであるインディゴとのコラボによって運営されているブランド。

 このワインは、シュナンブランを主体に、ヴィオニエ、グルナッシュブラン、セミヨンといった香りの強い葡萄をブレンドした白ワイン。

 葡萄は良好なpHおよび酸性度を確保するために、異なる糖度レベルで収穫します。
 発酵の前に酸化をさせ、複雑さと熟成力を上げます。
 ワインの50%は、低温(14度)のステンレス樽で発酵させ、残りは300Lの古樽で発酵させます。
 葡萄の15%は全房のスキンコンタクトで4週間発酵。
 12カ月熟成させ、ブレンドし、ノンフィルターで瓶詰め。


 香りには爽やかさがあり、ややトロピカルなニュアンスも感じられます。

 口当たりには柔らかさがあり、円やかで軽やか。
 スムーズな飲み心地に上品さのある心地よい果実味。

 柑橘系の爽やかな酸が味わいを引き締めますが、当たりは優しく、トゲトゲした要素はなく、飲み心地も抜群です。

原産国 南アフリカ 地方 スワートランド
品種 シュナンブラン28%
ヴィオニエ26%、セミヨン26%
グルナッシュ・ブラン20%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 12.5% 飲み頃温度帯 8〜14℃

品 名 価格
マザー・ロック・ホワイト 2018 ¥2,572 (外税)





MOTHER ROCK LIQUID SKIN 2019
マザー・ロック マザー・ロック・リキッド・スキン 2018   有機栽培

 グレープフルーツジュースな果実味!

 ヨハン・メイヤーは、小柄で人懐っこい性格から、みんなからはストンピーという愛称でイジられている愛されキャラ。
 その見た目からは想像を絶する魅惑で繊細なワインを造る素晴らしい生産者です。

 『マザー・ロック』は、ヨハン・メイヤーと英国のワインインポーターであるインディゴとのコラボによって運営されているブランド。

 このワインは、シュナンブランを使用したオレンジワイン。

 ぶどう畑はスワートランド地区内にあるマルムスベリーの郊外の単一畑。    1973年に植えられ、ブッシュヴァインで、乾燥地農業。
 全房で2週間スキンコンタクト、その後、皮及び茎でさらに8週間発酵。
 500Lのフレンチオークの古樽で、10カ月間ほど熟成させボトリング。
 2019年5月にボトリング、ノンフィルター。


 香りは比較的穏やか。
 ほのかに甘やかなグレープフルーツ感も感じられます。

 口当たりは瑞々しくフレッシュ。
 爽やかで軽やかさのあるタッチに、グレープフルーツ的な柑橘系の酸がしっかりと感じられる味わい。

 ドライな要素にワタっぽいほろ苦さ。
 甘みの少ないグレープフルーツジュースのような味わいで、スキンコンタクトされたワインにしては、爽やかに飲み進められる仕上がり、

 余韻にかけてじんわりとタンニンも感じられます。

原産国 南アフリカ 地方 スワートランド
品種 シュナンブラン100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 12.5% 飲み頃温度帯 8〜16℃

品 名 価格
マザー・ロック・リキッド・スキン 2019 ¥3,600 (外税)





The Love Child Pet-Nat 2019
ヨハン・メイヤー ザ・ラブ・チャイルド・ペットナット 2019   有機栽培


 酸味のあるドライなジューシー感!

 ヨハン・メイヤーは、小柄で人懐っこい性格から、みんなからはストンピーという愛称でイジられている愛されキャラ。
 その見た目からは想像を絶する魅惑で繊細なワインを造る素晴らしい生産者です。

 この「ラブ・チャイルド」は、日本限定のロゼ・ペットナット。

 樹齢35年マルムスベリー地区の単一畑で全てブッシュヴァインで乾燥農業。
 しっかりとした骨格とアロマを造り、それと合わせて適正なph指数と酸度を確保するため、葡萄の味わいを確かめてから手摘み収穫します。
 フレッシュでエレガントな味わいにするため、発酵前に酸化はなし。
 100%破砕し全房プレスし、古木樽で約10日間発酵。
 ボトリングを行い9カ月間ぶどうのしぼりカスとともに熟成し、後にデゴルジュマン。


 開栓すぐは還元のニュアンスを感じる場合がありますが、すぐに落ち着きます。
 本来の香りにはチャーミングな要素が感じられます。

 口当たりは瑞々しく、爽やか。
 ほのかに甘やかさを感じる飲み口に、しっかりとした酸。

 ドライな飲み心地にグレープフルーツなど柑橘系の酸。
 やや酸味は際立っていますが、嫌味はなく爽やかに感じられるバランス。

 ジューシーな要素とドライな要素が共存し、ロゼというよりも白に近いような雰囲気も感じられます。


原産国 南アフリカ 地方 スワートランド
ロゼ・泡 品種 ピノタージュ100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 12% 飲み頃温度帯 5〜12℃
品 名 価格
ザ・ラブ・チャイルド・ペットナット 2019 ¥3,000 (外税)



当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori-sake.biz All Rights Reserved.