奈良の地酒屋 登酒店
奈良の地酒
各地の地酒
各地の焼酎
本場の泡盛
各種リキュール
ワイン
ビール
調味料/食品
店舗案内
蔵見学/酒の会
豆知識
四代目日記
ラディコン
RADIKON
環境に配慮した超ナチュラルワイン





オスラーヴィアで戦後間もなく、現オーナーであるスタニスラオ・ラディコンの祖父によって始められたワイナリー。
1980年からスタニスラオにワイナリーは委譲され、それまで桶売りしていたワインを自らボトリングを始めます。

シャルドネやソーヴィニョンなど国際的なブドウの導入。
畑をヘクタールあたり9500-10000本を高密植にし、過熟気味のブドウを圧縮空気式の柔らかな圧搾にかけ
バリック内での醗酵・熟成という最上の白ワインを造る上で世界中で採用されている手法をとってきました。

しかし、1995年からピノグリージョ以外の白ブドウに70年代までは一般的に行われていた
約2週間のマセレーションと大樽での熟成を採用し、畑でも除草剤や化学肥料などの使用をやめます。

(インポーター資料より)


【生産者より】
私たちのワイナリー哲学は常に、大地と環境に最大限の敬意を払った、自然なワインを造ることでした。
1995年以降、畑では化学肥料の使用をやめ、葡萄の木への薬剤散布も必要最低限まで減らし
消費者の健康に有害でないと保障できる製品のみを使用しています。
数年後には正真正銘の無農薬有機葡萄を生産することができるようになるでしょう。
ここ数年で私たちのワインの醸造方法は、劇的に
ともすると多くの消費者に受け入れられにくい方向へと変化してきました。
だからこそ、ボトルを開けた時にどんなタイプのワインを皆さんが目の前にすることになるのか
概略だけでも説明しておきたいのです。
適切な時期に葡萄を間引くことで、葡萄の収量を1ヘクタールあたり5トン以下にします。
完熟した葡萄はワイナリーへ運ばれ、除梗し木製の発酵槽へと移され
日に4回の攪拌をしながらマセレーション(醸し)を行います。
つまり、白葡萄にも赤ワインを造る時と同様の醸造方法を採用していることを意味し
白には10-12日間の、赤には3週間のマセレーションを行います。
この醸造方法では、白がとても濃い色を呈するのはいたって普通のことであり
決して酸化しているわけではありません。
ワインが少し濁っている場合があるかもしれませんが
これは葡萄畑と同様の哲学をワイナリーで実践しているからで
いかなる化学薬品もフィルタリングも採用しないためです。
ワインは色が濃い以外に、香りの上でも味覚の上でも豊かで複雑
と同時に消化しやすく健康によいものとなっています。
こうして造られたワインはアンティパストから肉料理まで多くの料理と合わせることができます。
白は15℃、赤は18℃くらいで飲まれること、冷蔵庫で保存されないことをお勧め致します。






Ribolla Gialla 2004
ラディコン リボッラ・ジャッラ 2004   有機栽培

 大地と環境に最大限の敬意を払った、自然なワインを造ることを哲学とし、白葡萄にも赤ワインを造る時と同様の醸造方法を採用。白には10-12日間の、赤には3週間のマセレーションを行います。
  いかなる化学薬品もフィルタリングも採用しないため、ワインは色が濃い以外に、香りの上でも味覚の上でも豊かで複雑と同時に消化しやすく健康によいものとなっています。

 無農薬のリボッラ・ジャッラを使用した白ワイン。
 完熟した葡萄を時間をかけて醸造することで、葡萄のエキス感が詰まった味わいとなっています。
 また、白ワインながらマセレーションを行うことで、色の濃いワインとなります。

 色調はオレンジがかった濃い黄金色。

 香りにはトロピカル感や杏のような甘酸っぱさを感じる芳醇な香り。

 口当たりは柔らかく、円みのある酸味と凝縮されたエキス感が広がるボリュームのある味わい。

 しっかりとしたボディ感、落ち着いたタンニンは感じられるものの、飲み心地は非常に良く、ナチュラルな果実味が詰まった心地よい味わいです。

 濃厚さとは裏腹にサクサク飲み進められる、極上の食中酒です。

     
原産国 イタリア 地方 フリウリ
品種 リボッラ・ジャッラ100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 13% 飲み頃温度帯 14〜18度
土壌 AOC IGT

品 名  完売致しました 価格
リボッラ・ジャッラ 2004 ¥2,750 (外税)





Slatnik 2012
ラディコン スラトニック 2012   有機栽培

 大地と環境に最大限の敬意を払った、自然なワインを造ることを哲学とし、白葡萄にも赤ワインを造る時と同様の醸造方法を採用。白には10-12日間の、赤には3週間のマセレーションを行います。
  いかなる化学薬品もフィルタリングも採用しないため、ワインは色が濃い以外に、香りの上でも味覚の上でも豊かで複雑と同時に消化しやすく健康によいものとなっています。

 このワインは現当主の息子であるサシャの企画で商品化された、セカンドワイン的な位置づけのワインになります。
 通常の白よりもマセレーションの期間を短めにすることで、やや軽快に仕上げられています。

 色調はやや濃いめの黄金色。
 芳醇で濃厚な甘やかさ、複雑性のある香り。

 円やかさのある口当たりにジューシー感のある果実味と爽やかな酸味。

 ドライでありながらも凝縮された旨みがあり、セカンドとは思えない完成度の高い仕上がりです。
     
原産国 イタリア 地方 フリウリ
品種 シャルドネ
ソーヴィニヨン
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 14% 飲み頃温度帯 15度
土壌 AOC IGT

品 名  完売致しました 価格
スラトニック 2012 ¥3,428 (外税)





Pinot Grigio 2012
ラディコン ピノ・グリージョ 2012   有機栽培

 大地と環境に最大限の敬意を払った、自然なワインを造ることを哲学とし、白葡萄にも赤ワインを造る時と同様の醸造方法を採用。白には10-12日間の、赤には3週間のマセレーションを行います。
  いかなる化学薬品もフィルタリングも採用しないため、ワインは色が濃い以外に、香りの上でも味覚の上でも豊かで複雑と同時に消化しやすく健康によいものとなっています。

 このワインは現当主の息子であるサシャの企画で商品化された、セカンドワイン的な位置づけのワインになります。
 通常の白よりもマセレーションの期間を短めにすることで、やや軽快に仕上げられています。

 色調はやや濃いめロゼ褐色。
 芳醇でアールグレイのようなニュアンスを持つ複雑性ある香り。

 ややシャープ感のあるミネラル感と酸味。
 ドライ傾向ながら、ふくよかな果実味・エキス感があり、エキゾチックな印象も感じられます。

 飲み心地の良さの中に旨みの凝縮感があり、セカンドとは思えない完成度の高い仕上がりです。
     
原産国 イタリア 地方 フリウリ
品種 ピノ・グリージョ100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 13.5% 飲み頃温度帯 15度
土壌 AOC IGT

品 名  完売致しました 価格
ピノ・グリージョ 2012 ¥3,428 (外税)



当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori-sake.biz All Rights Reserved.