奈良の地酒屋 登酒店
奈良の地酒
各地の地酒
各地の焼酎
本場の泡盛
各種リキュール
ワイン
ビール
調味料/食品
店舗案内
蔵見学/酒の会
豆知識
四代目日記
ラーチノ
L'Acino
自分たちの土地を表現するワインを!



ブドウ栽培&ワイン醸造を生業としてこなかった一家の出の
ディーノを始めとする3人の若者が2006年に共同出資して立ち上げたワイナリー。

それぞれ農業とは全く関係のない職に就いていたが、大地に向き合う仕事をしたいと常々考えていた3人。
ワインを飲むことはもともと好きだったが、カラーブリアのワインを好んで飲んでいたわけではなく
どちらかというと他の土地の大地に敬意を払いながらブドウを育てワインを醸す造り手のワインに魅せられることが多かった。

自分たちの土地でもこういった表現力のあるワインを造ることができるのではと考えるようになり
土地を買い、開墾しブドウを植え、古い樹齢のブドウを植わる区画を借りてワイナリーとしての活動をスタートする。

どのブドウ畑も、豊かな自然ないし“ドーピング”に頼らない農業を実践する様々な作物の畑に囲まれていて
農薬に頼らない栽培を行う上では理想的な環境。
畑ではボルドー液のみを使用し、セラーでも2酸化硫黄以外の添加は一切行わず
2酸化硫黄の使用量も年々減らす努力をしている。


(インポーター資料より)






Chora Bianco 2015
ラーチノ コーラ・ビアンコ 2015  有機栽培

 飲み心地のよい密度感♪

 それぞれ農業とは全く関係のない職に就いていたが、大地に向き合う仕事をしたいと常々考えていた3人が、2006年に共同出資して立ち上げたワイナリー。
 自分たちの土地を表現できるワインを造るべく、畑ではボルドー液のみを使用し、セラーでも2酸化硫黄以外の添加は一切行わず、2酸化硫黄の使用量も年々減らす努力をしています。

 このコーラ・ビアンコは、標高300mに植えられるマントニコ、グアルナッチャ・ビアンカ、ペコレッロをステンレスタンクで醗酵熟成した白ワイン。

 色調は、やや白濁したレモンイエロー。
 香りには爽やかさがあり、キンモクセイやハーブのニュアンスが感じられます。

 口当たりは瑞々しく、少々ボリュームのある飲み口。
 クレープフルーツ的な酸や、重くは感じないが密度感のあるエキス感のある味わい。
 リッチな果実味に、ほろ苦い要素がアクセントとなっています。

 ややボリューミーでありつつも、飲み心地よく、キレも良いです。

   
原産国 イタリア 地方 カラーブリア
品種 マントニコ
グアルナッチャ・ビアンカ
ペコレッロ
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 12.5% 飲み頃温度帯 8〜16度

品 名  完売しました 価格
コーラ・ビアンコ 2015 ¥2,057 (外税)





Chora Rosso 2014
ラーチノ コーラ・ロッソ 2014  有機栽培

 飲み心地よく、じんわり旨い♪

 それぞれ農業とは全く関係のない職に就いていたが、大地に向き合う仕事をしたいと常々考えていた3人が、2006年に共同出資して立ち上げたワイナリー。
 自分たちの土地を表現できるワインを造るべく、畑ではボルドー液のみを使用し、セラーでも2酸化硫黄以外の添加は一切行わず、2酸化硫黄の使用量も年々減らす努力をしています。

 このコーラ・ロッソは、2007年に植えた区画のマリオッコとグアルナッチャ・ネーラをステンレスタンクで醗酵熟成させた赤ワイン。

 色調は、やや褐色がかった赤紫色。
 香りには、甘やかさのあるプルーン、アマローネ的な雰囲気が感じられます。

 口当たりにはスパイシー感のある、ややドライなタンニン。
 渋みの要素はそれほど強くはないが、ビターでスモーキーなニュアンスのある味わい。

 重たさもなく、飲み心地は良いですが、じんわりとしたタンニンが感じられ、奥行きもあります。

   
原産国 イタリア 地方 カラーブリア
品種 マリオッコ
グアルナッチャ・ネーラ
グレーコ・ネーロ
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 13% 飲み頃温度帯 12〜18度

品 名 価格
コーラ・ロッソ 2014 ¥2,057 (外税)





giramondo 2016
ラーチノ ジラモンド 2016  有機栽培

 凝縮感ある果実味♪

 それぞれ農業とは全く関係のない職に就いていたが、大地に向き合う仕事をしたいと常々考えていた3人が、2006年に共同出資して立ち上げたワイナリー。
 自分たちの土地を表現できるワインを造るべく、畑ではボルドー液のみを使用し、セラーでも2酸化硫黄以外の添加は一切行わず、2酸化硫黄の使用量も年々減らす努力をしています。

 ジラモンドを訳すと“世界を旅する人(モノ)”。
 ギリシャで生まれ、今や世界各地で栽培されているマルヴァジーアで造ったワインに生産者が与えた名前になります。
 ステンレスタンクで醗酵、熟成。

 香りには華やかさ。
 白い花や柑橘系のニュアンスも感じられます。

 口当たりにはしっかりとした酸味を伴う、密度感ある果実味。
 ボリュームはあるものの、嫌な重さはなく、飲み心地のよさのある味わい。

 トロピカルな雰囲気にほろ苦さがアクセントとなっています。

   
原産国 イタリア 地方 カラーブリア
品種 マルヴァジーア100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 12.5% 飲み頃温度帯 8〜14度

品 名 価格
ジラモンド 2016 ¥2,143 (外税)





Asor 2017
ラーチノ アソール 2017  有機栽培

 爽やかな酸味の効いたロゼ♪

 それぞれ農業とは全く関係のない職に就いていたが、大地に向き合う仕事をしたいと常々考えていた3人が、2006年に共同出資して立ち上げたワイナリー。
 自分たちの土地を表現できるワインを造るべく、畑ではボルドー液のみを使用し、セラーでも2酸化硫黄以外の添加は一切行わず、2酸化硫黄の使用量も年々減らす努力をしています。

 このアソールは、赤ワイン用の土着品種を若干早摘みし、圧搾したモストだけで醗酵させたロゼワイン。
 ステンレスタンクで醗酵熟成しています。

 色調は綺麗なサーモンピンク。
 香りは比較的穏やかで、アセロラのようなニュアンスも感じられます。

 口当たりは瑞々しく、ザクロやクランベリーのよう酸味。
 クリアーで綺麗な果実味ながら、しっかりとした酸が効いていて、軽快ながらもメリハリのある味わいとなっています。

 重さはなく飲み心地よい味わいながら、この酸があることで肉料理などにも合わせられます。

 イタリア語でピンクを意味するRosa(ローザ)を逆から書いてAsorと名付けられたました。

   
原産国 イタリア 地方 カラーブリア
ロゼ 品種 マリオッコ
グアルナッチャ・ネーラ
グレーコ・ネーロ
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 13% 飲み頃温度帯 6〜14度

品 名 価格
アソール 2017 ¥2,143 (外税)





Les Temps des Fleurs 2016
ラーチノ ル・タン・デ・フルール 2016  有機栽培

 パワフルな酸味♪

 それぞれ農業とは全く関係のない職に就いていたが、大地に向き合う仕事をしたいと常々考えていた3人が、2006年に共同出資して立ち上げたワイナリー。
 自分たちの土地を表現できるワインを造るべく、畑ではボルドー液のみを使用し、セラーでも2酸化硫黄以外の添加は一切行わず、2酸化硫黄の使用量も年々減らす努力をしています。

 前ヴィンテージまでは「フォルセ・ソーノ・フィオーリ(多分、花なのでしょう)」という名前でリリースされていたこのワイン。
 2016年より「ル・タン・デ・フルール(花の時代)」という名前になりました。

 ちなみにル・タン・デ・フルールは、全世界で1億4000万枚以上のレコードを売り上げたダリダという女性シンガーの曲名です(映画ゴットファーザーにも楽曲を提供)。
 ダリダ女史はエジプト出身のイタリア系フランス人(エジプト生まれのイタリア移民、最終的にフランスに帰化)で、カラブリア出身の家系ということで地元では伝説的スターです。

 ル・タン・デ・フルールは、「谷を見よ!」という意味のグアルダヴァッレというブドウ品種(レッジョ カラーブリア原産)を収穫、ステンレスタンクにて皮と種ごと数日間の醗酵を行い、使い古しの木樽に移し換えた後さらに醗酵と熟成を約12か月間続けた後、瓶詰めされたワインです。

 最近の彼のワインとしてはかなり揮発酸が高く、酸味がパワフルです。

   
原産国 イタリア 地方 カラーブリア
品種 グアルダヴァッレ100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 12% 飲み頃温度帯 10〜16度

品 名 価格
ル・タン・デ・フルール 2016 ¥2,743 (外税)





mantonicoz 2013
ラーチノ マントニコス 2013  有機栽培

 飲み心地よいボリューム感♪

 それぞれ農業とは全く関係のない職に就いていたが、大地に向き合う仕事をしたいと常々考えていた3人が、2006年に共同出資して立ち上げたワイナリー。
 自分たちの土地を表現できるワインを造るべく、畑ではボルドー液のみを使用し、セラーでも2酸化硫黄以外の添加は一切行わず、2酸化硫黄の使用量も年々減らす努力をしています。

 このマントニコスは、標高600mにある、生産者ディーノ自身も他で植えられているのを見たことがないというマントニコのクローンの一種である、マントニコ・ピント100%で造られる白ワイン。
 8日間の皮ごとの醸し醗酵、一部のワインは1年間樽で、残りはステンレスタンクで熟成させ、ボトリング前にブレンドしています。

 香りは芳醇。
 完熟パイナップルやグレープフルーツ、樽のニュアンスも少々感じられます。

 口当たりは円やかでスムーズ。
 しっとりとしたリッチなエキス感が広がります。

 ほんのりスモーキーさ伴う、密度感のある果実味。
 落ち着きのあるしっかりとした酸があり、ほんのりと感じられるタンニンやほろ苦さがアクセントとなっています。

 ボリューム感はありますが角が少なく、まとまりのある飲み心地の良さです。

   
原産国 イタリア 地方 カラーブリア
品種 マントニコ・ピント100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 13.5% 飲み頃温度帯 10〜16度

品 名 価格
マントニコス 2013 ¥3,086 (外税)





toccomagliocco 2010
ラーチノ トッコマリオッコ 2010  有機栽培

 珍しいマリオッコ100%のワイン♪

 それぞれ農業とは全く関係のない職に就いていたが、大地に向き合う仕事をしたいと常々考えていた3人が、2006年に共同出資して立ち上げたワイナリー。
 自分たちの土地を表現できるワインを造るべく、畑ではボルドー液のみを使用し、セラーでも2酸化硫黄以外の添加は一切行わず、2酸化硫黄の使用量も年々減らす努力をしています。

 このトッコマリオッコは、マリオッコ100%のワインで、2007年がファーストヴィンテージ。
 2007年当時、コセンツァ県の造り手でマリオッコ100%のワインをリリースする者は皆無だったそうで、彼ら自身も単体でか、それともカベルネソーヴィニョンとブレンドしてボトリングするかを迷っていたそうなのですが、サン フランシスコのレストラン関係者が単体の状態をいたく気に入ったことから、単体でのボトリングを決めたそうです。
  樽での熟成期間は1年で、瓶での長い熟成期間の後リリース。

 香りには芳醇さ。
 スパイシーさやタバコ、スミレやラズベリーのニュアンスも感じられます。

 口当たりは円やかで滑らか。
 優しく軽やかさのある飲み口から、じわじわと広がる程よいタンニン。

 フレッシュな果実味を伴う甘酸っぱ系の味わいに、スモーキーさやスパイシーさがアクセントとなっています。

 熟成による柔らかさ、飲み心地の良さが楽しめます。

   
原産国 イタリア 地方 カラーブリア
品種 マリオッコ100%
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 13.5% 飲み頃温度帯 12〜16度

品 名 価格
トッコマリオッコ 2010 ¥2,828 (外税)





当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori-sake.biz All Rights Reserved.