奈良の地酒屋 登酒店
奈良の地酒
各地の地酒
各地の焼酎
本場の泡盛
各種リキュール
ワイン
ビール
調味料/食品
店舗案内
蔵見学/酒の会
豆知識
四代目日記
イル・マイオーロ
Il Maiolo
飲み頃ビンテージがこの価格で!?



イル・マイオーロは、ピアチェンツァの小さな造り手。
弁護士でもあるフランチェスコ氏が当主を務め、有機栽培によるワイン造りを行っています。
畑ではボルドー液以外の農薬は一切使用せず、長いマセレーションと長期間の樽熟成。
スタイル的にはラ・ストッパに通じるところがあるかもしれません(土壌地質的にもかなり似通っているそうです)。

10年以上熟成されたワインが破格な価格でお楽しみ頂けるという
飲み手からすれば驚愕の品質と価格でリリースされたワインになるのですが
なぜこのなコスパ抜群ワインが今まで陽の目を見なかったのか・・・
以下、インポーターであるヴィナイオータさんが輸入に至るいきさつから明らかになります。



この度エミリア・ロマーニャのイル・マイオーロという造り手と取引することになりました!
実は、6-7年くらい前にアルベルト・アングイッソラに連れられて一度訪問していたのですが
当時は他のインポーターと取引していた(ないし、とあるインポーターが興味を持っているという話を聞いていた)ので
取引開始には至らなかったわけですが、美味しいワインだなぁという印象は持っていました。
時は流れ去年(2017年)アルベルトから、相当量の古いヴィンテージのワインが残っていて
次回ボトリングをするための費用捻出のためにスペシャルオファーを考えているらしいというメールが来ました。
僕が造り手を増やす事にはそれほど積極的でないことをアルベルトも知っていたわけですが
オファー自体がとんでもないものだったので、ヴィナイオータ的にも悪い話ではないのではと考えてくれたようです。
もちろん興味あるよと伝えたところ、サンプルを送ってくれまして、試飲してみたら全く問題ないどころか
オファー金額に見合わない高いクオリティだったので、数回に分けて全量を引き取る約束をしました。
なぜにそんなハイクオリティのワインが売れ残ってしまったのか??とアルベルトに質問したしたところ、

・当主のフランチェスコは弁護士で、ワインのセールスに費やせる時間がもともと少ない。
・ここ3-4年はお母さんの介護でますます時間が取れなかった。
・彼が販売に集中できなかった期間、地元ピアチェンツァ、パルマ、クレモナなどのゾーンをカバーする
エージェントだけが売っているような状況で大きな販売網がなかった。
・当初は、ワインにクオリティさえあれば勝手に売れていくものだと高をくくっていた(笑)。
・ワイン自体が真価を発揮するのにすごおおおおく時間がかかった。

といった答えが。



以上のような経緯があり、コスパ抜群ワインが日本で陽の目を見ることになりました!






Il Maiolo Emilia Rosso 2004
イル・マイオーロ イル・マイオーロ エミリア・ロッソ 2004   有機栽培

 この内容でこの価格!?驚愕のコスパ抜群ワイン♪

 イル・マイオーロは、ピアチェンツァの小さな造り手。
 弁護士でもあるフランチェスコ氏が当主を務め、有機栽培によるワイン造りを行っています。
 畑ではボルドー液以外の農薬は一切使用せず、長いマセレーションと長期間の樽熟成。
 スタイル的にはラ・ストッパに通じるところがあるかもしれません(土壌地質的にもかなり似通っているそうです)。

 10年以上熟成されたワインが破格な価格でお楽しみ頂けるという、飲み手からすれば驚愕の品質と価格でリリースされたこのワイン。

 ワインはあるものの、当主自身がセールスに費やせる時間も少なく、家庭的な事情も重なり、相当量の在庫が長い期間眠ることになります。
 そこにワイン自体のポテンシャルの高さが加わり、恐ろしくコスパの良いワインが楽しめることになりました。

 長い熟成期間を経てはいますが、枯れたような要素はほとんどなく、しっかりと果実感を楽しめる、飲み心地よい味わいです。

 角のとれた円やかさと円熟した味わいをお楽しみ頂けます。

 この2004年は、ほのかな熟成の要素に柔らかで密度感のある果実味が特徴的です。

   
原産国 イタリア 地方 エミリア・ロマーニャ
品種 バルベーラ60%
ボナルダ20% メルロー15%
カベルネ・ソーヴィニョン5%
タイプ ミディアムボディ 容量 750ml
アルコール度数 13.5% 飲み頃温度帯 10〜16度

品 名 価格
イル・マイオーロ エミリア・ロッソ 2004 ¥2,228 (外税)





Il Maiolo Emilia Rosso 2005
イル・マイオーロ イル・マイオーロ エミリア・ロッソ 2005   有機栽培

 この内容でこの価格!?驚愕のコスパ抜群ワイン♪

 イル・マイオーロは、ピアチェンツァの小さな造り手。
 弁護士でもあるフランチェスコ氏が当主を務め、有機栽培によるワイン造りを行っています。
 畑ではボルドー液以外の農薬は一切使用せず、長いマセレーションと長期間の樽熟成。
 スタイル的にはラ・ストッパに通じるところがあるかもしれません(土壌地質的にもかなり似通っているそうです)。

 10年以上熟成されたワインが破格な価格でお楽しみ頂けるという、飲み手からすれば驚愕の品質と価格でリリースされたこのワイン。

 ワインはあるものの、当主自身がセールスに費やせる時間も少なく、家庭的な事情も重なり、相当量の在庫が長い期間眠ることになります。
 そこにワイン自体のポテンシャルの高さが加わり、恐ろしくコスパの良いワインが楽しめることになりました。

 長い熟成期間を経てはいますが、枯れたような要素はほとんどなく、しっかりと果実感を楽しめる、飲み心地よい味わいです。

 角のとれた円やかさと円熟した味わいをお楽しみ頂けます。

 この2005年は、ほのかな熟成の要素に軽やかな果実味が特徴的です。

   
原産国 イタリア 地方 エミリア・ロマーニャ
品種 バルベーラ60%
ボナルダ20% メルロー15%
カベルネ・ソーヴィニョン5%
タイプ ミディアムボディ 容量 750ml
アルコール度数 13.5% 飲み頃温度帯 12〜16度

品 名 価格
イル・マイオーロ エミリア・ロッソ 2005 ¥2,228 (外税)





Il Maiolo Emilia Rosso 2006
イル・マイオーロ イル・マイオーロ エミリア・ロッソ 2006   有機栽培

 この内容でこの価格!?驚愕のコスパ抜群ワイン♪

 イル・マイオーロは、ピアチェンツァの小さな造り手。
 弁護士でもあるフランチェスコ氏が当主を務め、有機栽培によるワイン造りを行っています。
 畑ではボルドー液以外の農薬は一切使用せず、長いマセレーションと長期間の樽熟成。
 スタイル的にはラ・ストッパに通じるところがあるかもしれません(土壌地質的にもかなり似通っているそうです)。

 10年以上熟成されたワインが破格な価格でお楽しみ頂けるという、飲み手からすれば驚愕の品質と価格でリリースされたこのワイン。

 ワインはあるものの、当主自身がセールスに費やせる時間も少なく、家庭的な事情も重なり、相当量の在庫が長い期間眠ることになります。
 そこにワイン自体のポテンシャルの高さが加わり、恐ろしくコスパの良いワインが楽しめることになりました。

 長い熟成期間を経てはいますが、枯れたような要素はほとんどなく、しっかりと果実感を楽しめる、飲み心地よい味わいです。

 角のとれた円やかさと円熟した味わいをお楽しみ頂けます。

 この2006年は、フレッシュさすら感じられるジューシーな果実味が特徴的です。

   
原産国 イタリア 地方 エミリア・ロマーニャ
品種 バルベーラ60%
ボナルダ20% メルロー15%
カベルネ・ソーヴィニョン5%
タイプ ミディアムボディ 容量 750ml
アルコール度数 14% 飲み頃温度帯 12〜16度

品 名 価格
イル・マイオーロ エミリア・ロッソ 2006 ¥2,228 (外税)



当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori-sake.biz All Rights Reserved.