奈良の地酒屋 登酒店
奈良の地酒
各地の地酒
各地の焼酎
本場の泡盛
各種リキュール
ワイン
ビール
調味料/食品
店舗案内
蔵見学/酒の会
豆知識
四代目日記
ファネッティ
FANETTI
歴史に裏付けられたワイン造り!





「変化しない」ということの良さ、歴史に裏付けられたワイン造りを貫き続けるカンティーナ。

モンテプルチアーノは標高250〜600mの丘陵地で、フィレンツェの南東に位置し、ウンブリアに近い。
ブドウ栽培の歴史は古く、古くは中世より造られており、当時の生産量や販売について詳しく定められた資料も残されている。
1700年代よりモンテプルチアーノに暮らし、ワイン造りをはじめとした農園を営んできたファネッティ家。

現在はアダモの孫娘に当たるエリザベッタによって、農園全体の運営を含め、ブドウ栽培、ワイン醸造を行っている。

土壌はこの地域全体で共通しているのは、砂質を含む粘土質土壌、小石、石灰を強く含んでいることも特徴的。
畑の標高は340〜400mに位置。
DOCGのエリアの中心にあるのも、必然と言える。

畑での作業、肥料は基本的に使用せず、農薬についても極力使用しない、手作業中心の栽培を貫いている。
醸造については、さらに徹底した手法を守っている。
6000Lを越える大型のセメントタンクにて2週間ほどのマセレーション。
当然のことながら温度管理や酵母添加は行っていない。

熟成はモンテプルチアーノの町の地下深く続く、トンネルのようなカンティーナにて。

そして、もう一つの魅力ともいえるのが
地元モンテプルチアーノの町で昔から愛されているスフーゾ(量り売り)の雰囲気そのままの
ビアンコとロッソを、少量ながらボトル詰め。
大型のセメントタンク、野生酵母のみで醗酵を終えたビアンコ、ロッソはノービレに含まれない区画の果実を用いる。
使わずに空いている大樽を使い熟成しており、なんとも味わい深く、どこか懐かしささえ感じる味わい。
日々のテーブルを彩る存在ともいえるこの二つ、気取らない旨みと染み出す味わい。

何かを突き詰めることでは辿り着かない、当たり前に美味しいモノ
変わることなく続けてきた事の大切さ、を再発見させてくれるカンティーナ。

(インポーター資料より)






Bianco S.Agnese 2012
ファネッティ ビアンコ サンタニェーゼ 2012    有機栽培

 リーズナブルながらリッチな味わい♪

 「変化しない」ということの良さ、歴史に裏付けられたワイン造りを貫き続けるカンティーナ。
 畑での作業、肥料は基本的に使用せず、農薬についても極力使用しない、手作業中心の栽培を貫いており、当然のことながら温度管理や酵母添加は行っていません。

 このサンタニェーゼは、 地元モンテプルチアーノの町で昔から愛されているスフーゾ(量り売り)の雰囲気そのままの白ワインです。

 色調はやや濃いめの琥珀色。
 香りには花のような華やかさと、ほのかに感じる樽感。

 口当たりにはしっかりとした酸があり、少々のタンニンと共に、苦みや青っぽさも感じられます。

 キリっとした辛口傾向な印象ながらも、しっかりと厚みのあるエキス感・ミネラル感があり、ボリューム感も十分に持ち合わせています。

 スモーキーなニュアンスも感じられ、余韻には甘やかな要素も。

 リーズナブルながら安っぽさは全くなく、非常にクオリティーの高い味わい。
 ちょっとリッチ感が楽しめるテーブルワインです。

     
原産国 イタリア 地方 トスカーナ
品種 トレッビアーノトスカーノ
マルヴァージアビアンカ
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 13% 飲み頃温度帯 10〜18℃

品 名 価格
ビアンコ サンタニェーゼ 2012 ¥1,714 (外税)





Rosso Fanetti 2012
ファネッティ ロッソ ファネッティ 2012    有機栽培

 ワンランク上のカジュアルワイン♪

 「変化しない」ということの良さ、歴史に裏付けられたワイン造りを貫き続けるカンティーナ。
 畑での作業、肥料は基本的に使用せず、農薬についても極力使用しない、手作業中心の栽培を貫いており、当然のことながら温度管理や酵母添加は行っていません。

 このワインは、 地元モンテプルチアーノの町で昔から愛されているスフーゾ(量り売り)の雰囲気そのままの赤ワインです。

 香りには熟したプラムや干しぶどうのニュアンス。

 口当たりには円みを感じますが、意外にしっかりとしたタンニン。
 スモーキー感や複雑味があり、厚みのある味わい。

 ややクラッシクな雰囲気も感じられますが、雰囲気のある上等な味わいの赤ワイン。

 リーズナブルながら、ワンランク上の味わいを楽しめます。

     
原産国 イタリア 地方 トスカーナ
品種 サンジョベーゼ
カナイオーロ
タイプ ミディアムボディ 容量 750ml
アルコール度数 14.5% 飲み頃温度帯 14〜18℃

品 名 価格
ロッソ ファネッティ 2012 ¥1,800 (外税)





Rosso di Montepulciano 2005
ファネッティ ロッソ・ディ・モンテプルチアーノ 2005    有機栽培

 長期熟成がこの価格で♪

 「変化しない」ということの良さ、歴史に裏付けられたワイン造りを貫き続けるカンティーナ。
 畑での作業、肥料は基本的に使用せず、農薬についても極力使用しない、手作業中心の栽培を貫いており、当然のことながら温度管理や酵母添加は行っていません。

 このワインは、10年以上前のワインながら、タンクにて貯蔵されていたもの。
 地元ではこのワインの古いヴィンテージは人気がないとのことで、案内もせずワイナリーで眠っていたそうです。
 とは言うものの、味わいは文句なしに美味しいです。

 香りは比較的穏やかで、若干のスパイシーさやプルーンのニュアンスも感じられます。

 口当たりには滑らかさがあり、じわじわとしっかりしたタンニンが広がって行きます。

 重い!というほどではないですが、円やかさのあるボディ感があり、穏やかな酸、クラッシクな要素も。

 タンク貯蔵のためか、あまり枯れた印象もなく、開栓後2〜3日で少々ボリューム感や厚みが感じられるようになります。

 このクオリティーでこの価格は驚きです!
     
原産国 イタリア 地方 トスカーナ
品種 プルニョーロ
ジェンティーレ主体
カナイオーロ
タイプ ミディアムボディ 容量 750ml
アルコール度数 14% 飲み頃温度帯 14〜18℃

品 名 価格
ロッソ・ディ・モンテプルチアーノ 2005 ¥2,486 (外税)



当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori-sake.biz All Rights Reserved.