奈良の地酒屋 登酒店
奈良の地酒
各地の地酒
各地の焼酎
各種リキュール
ワイン
ビール
調味料/食品
店舗案内
蔵見学/酒の会
豆知識
四代目日記
マリア・ボルトロッティ
MARIA BORTOLOTTI
自然な造りながら、気軽に買える価格帯!



マリア・ボルトロッティがあるのはイタリアはエミリア・ロマーニャ州の中でも東端のコッリ・ボロネージ。
彼のぶどう畑があるゾーラ・プレドーザの丘陵地帯は
その付近で最もぶどう造りに適した土地として1000年前の文献にも名前が記載されていました。

当主のフラヴィオ・ボルトロッティは1965年生まれ。
将来を見据えたフラヴィオが中心となり、1992年からオーガニック栽培を開始し、間もなくビオディナミも開始。

自然な造りがモットーで、誰が飲んでも美味しく気軽に買える価格のワインを造ろうと日々邁進しています。

醸造設備はいたってシンプル。
これだけ??と思うほど最先端のマシンとは縁遠いワイナリー。
フラヴィオ氏は、最先端の機械も複雑な醸造方法も知っているが自身は好まないので使わない。
シンプルな作りが心情で、酵母は全て天然酵母!
発酵の際にSO2を全く入れないとは言い切れない。
非常に悪い年、カビが見受けられた年(2009年)だけは微量加えました。

鉄分が多いため、ぶどうにタンニンが生まれ、しっかりとした骨格を作り出す。
タンニンのおかげで長期熟成に向くワインとなる。
SO2添加量が少ないためぶどう中に含まれいるタンニンが酸化し、白ワインでも色が濃くなる。
白にも同様にボディが生まれ、しっかりとしたワインになる。
草を生やしていることで強いだけではない全体的に調和するタンニンをワインにもたらします。

ラベルのデザイナーは日本に憧れを持つマッティア・カルタ(Mattia Carta)というアーティスト。
マリア・ボルトロッティにも収穫時等に仕事に来ていて、農園のワイン造りや自然との関わり方に深い感銘を受け交流が続いています。

(インポーター資料より)






FALESTAR 2018
マリア・ボルトロッティ ファレスタ 2018   ビオディナミ

 リッチでドライなジューシー感♪

 マリア・ボルトロッティの 当主であるフラヴィオ・ボルトロッティは1965年生まれ。
 将来を見据えたフラヴィオが中心となり、1992年からオーガニック栽培を開始し、間もなくビオディナミも開始。
 自然な造りがモットーで、誰が飲んでも美味しく気軽に買える価格のワインを造ろうと日々邁進しています。

 このワインは、ピニョレットを使用した微発泡の白ワイン。

 香りにはトロピカル感のある南国フルーツな雰囲気。

 口当たりは瑞々しくフレッシュ。
 リッチな果実味にグレープフルーツ的な柑橘系の酸が効いています。

 キリッっとした飲み口で、ドライな印象ながら、ジューシーな果実感があり、爽やかに心地よく飲み進められる味わいです。

 余韻にかけて、ほんのりビターなタンニンやほろ苦さがアクセントとなっています。

   
原産国 イタリア 地方 エミリア・ロマーニャ
白・微泡 品種 ピニョレット100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 12% 飲み頃温度帯 6〜14度

品 名 価格
ファレスタ 2018 ¥2,143 (外税)





DARDLEINA 2016
マリア・ボルトロッティ ダルドゥレイナ 2016   ビオディナミ

 軽やかで柔らかな飲み口♪

 マリア・ボルトロッティの 当主であるフラヴィオ・ボルトロッティは1965年生まれ。
 将来を見据えたフラヴィオが中心となり、1992年からオーガニック栽培を開始し、間もなくビオディナミも開始。
 自然な造りがモットーで、誰が飲んでも美味しく気軽に買える価格のワインを造ろうと日々邁進しています。

 このワインは、バルベーラを使用した微発泡のロゼワイン。

 香りにはプルーンのような要素やアマローネのような甘やかさが感じられます。

 口当たりは軽快さがあり、フレッシュ。
 発泡感は僅かで、ほぼスティルワインに近い印象です。

 ドライでビターさのあるスモーキーなニュアンスが感じられますが、飲み口は柔らかでスムーズ。

 タンニンはほとんど感じられず、程よく酸が効いた味わいで、やや薄めの赤ワイン的雰囲気です。

 開栓すぐはドライですが、時間の経過と共にふっくらとした味わいになっていきます。

 ワインの名前はボローニャ方言でおしゃべりという意味。
 自然なワインは飲む人の心を開き、おしゃべりにさせるからというところからだそうです。

   
原産国 イタリア 地方 エミリア・ロマーニャ
ロゼ・微泡 品種 バルベーラ100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 13.5% 飲み頃温度帯 6〜14度

品 名 価格
ダルドゥレイナ 2016 ¥2,143 (外税)





MAMOLO 2018
マリア・ボルトロッティ マモロ 2018   ビオディナミ

 瑞々しさとボリューム感♪

 マリア・ボルトロッティの 当主であるフラヴィオ・ボルトロッティは1965年生まれ。
 将来を見据えたフラヴィオが中心となり、1992年からオーガニック栽培を開始し、間もなくビオディナミも開始。
 自然な造りがモットーで、誰が飲んでも美味しく気軽に買える価格のワインを造ろうと日々邁進しています。

 このワインは、ピニョレットを使用した白ワイン。
 10%だけ2日間マセレーション。
 ボディを強めるためにマセレーションすることで、ぶどうの持っている要素をより多く抽出しています。

 香りは比較的穏やか。
 ほのかに梅酒や柑橘系、スモーキーな要素も感じられます。

 口当たりは瑞々しさがあり、しっかりとした酸を感じるアタック。
 重たさはないですが、ボリューム感・密度感があり、ドライなタンニンも程よく存在。

 ビター感と共に、グレープフルーツ的な果実味も楽しめます。

   
原産国 イタリア 地方 エミリア・ロマーニャ
品種 ピニョレット100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 12.5% 飲み頃温度帯 8〜16度

品 名 価格
マモロ 2018 ¥2,057 (外税)





ELIGIO 2016
マリア・ボルトロッティ エリージョ 2016   ビオディナミ

 価格以上に存在感ある味わい♪

 マリア・ボルトロッティの 当主であるフラヴィオ・ボルトロッティは1965年生まれ。
 将来を見据えたフラヴィオが中心となり、1992年からオーガニック栽培を開始し、間もなくビオディナミも開始。
 自然な造りがモットーで、誰が飲んでも美味しく気軽に買える価格のワインを造ろうと日々邁進しています。

 このワインは、何百年も前から根付いている土着のソーヴィニヨン・ブランを使用した白ワイン。
 1週間の醸しの間、1日一度だけルモンタージュすることでバランスを取る。
 プレス後、プレスワインもタンクに移し発酵、澱とともに熟成。

 マセラシオンの期間を1週間と比較的短くさせることで、果皮からエキスを存分に、でも美しく抽出できているマリア・ボルトロッティの傑作です。

 香りには仄かなアロマティックさがあり、ハーブのようなニュアンスも。

 口当たりにはフレッシュさがあり、ほのかに微発泡感。

 キリッっとした酸を伴う果実味に、じんわりと感じられるタンニン。
 ドライでビターな密度感やボディ感があり、複雑味がありつつもまとまりのある味わい。

 余韻にかけてオレンジピールや紅茶のような雰囲気も感じられます。

   
原産国 イタリア 地方 エミリア・ロマーニャ
品種 ソーヴィニヨン・ブラン100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 14.5% 飲み頃温度帯 8〜16度

品 名 価格
エリージョ 2016 ¥2,314 (外税)





SAUL ACSE BIANCO 2018
マリア・ボルトロッティ サウル・アクセ・ビアンコ 2018   ビオディナミ

 ふくよかな旨みのコスパ抜群ワイン♪

 マリア・ボルトロッティの 当主であるフラヴィオ・ボルトロッティは1965年生まれ。
 将来を見据えたフラヴィオが中心となり、1992年からオーガニック栽培を開始し、間もなくビオディナミも開始。
 自然な造りがモットーで、誰が飲んでも美味しく気軽に買える価格のワインを造ろうと日々邁進しています。

 このワインは、シンプルな醸造で、その土地の複雑味を表現した素直な白ワイン。
 赤品種のように皮の厚いピニョレットをプレスしたマストを使い、タンニンをさらに引き出します。
 そのため色が濃く、骨格のしっかりとしたワインになります。

 香りには爽やかさ。
 白い花やハーブ、トロピカルなニュアンスも感じられます。

 口当たりは瑞々しく、軽やか。
 柔らかで優しい飲み口に、ふくよかな旨みが広がります。

 ミネラル感や柑橘系の酸はあるものの、トゲトゲしさのない、まとまり良い味わい。

 ほんのり感じられるピール的なタンニンがアクセントの、飲み心地抜群な1Lワインです。

 ワイン名はボローニャの方言で「これだけ、こんなに簡単」という意味です。

   
原産国 イタリア 地方 エミリア・ロマーニャ
品種 ピニョレット100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 12% 飲み頃温度帯 8〜14度

品 名 価格
サウル・アクセ・ビアンコ 2018 ¥2,229 (外税)





SAUL ACSE ROSSO 2017
マリア・ボルトロッティ サウル・アクセ・ロッソ 2017   ビオディナミ

 飲み心地よいコスパ抜群ワイン♪

 マリア・ボルトロッティの 当主であるフラヴィオ・ボルトロッティは1965年生まれ。
 将来を見据えたフラヴィオが中心となり、1992年からオーガニック栽培を開始し、間もなくビオディナミも開始。
 自然な造りがモットーで、誰が飲んでも美味しく気軽に買える価格のワインを造ろうと日々邁進しています。

 このワインは、シンプルな醸造で、その土地の複雑味を表現した素直な赤ワイン。
 完璧なぶどうをつくり、ワイン造りではできる限り干渉を少なく、必要なタイミングを見計らって手を加えるだけ。

 香りは比較的穏やか。
 ほんのり甘やかさのあるアマローネのようなニュアンスも感じられます。

 口当たりは瑞々しく、軽やか。
 フルーティーさを感じる果実味ながらも、ややドライでビター。

 じんわりと感じられるタンニンに、スパイシーさやスモーキーがアクセントとなった、カジュアルで使いやすい1Lの赤ワインです。

 ワイン名はボローニャの方言で「これだけ、こんなに簡単」という意味です。

   
原産国 イタリア 地方 エミリア・ロマーニャ
品種 バルベーラ
カベルネ・ソーヴィニヨン
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 13% 飲み頃温度帯 8〜14度

品 名 価格
サウル・アクセ・ロッソ 2017 ¥2,229 (外税)



当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori-sake.biz All Rights Reserved.