奈良の地酒屋 登酒店
奈良の地酒
各地の地酒
各地の焼酎
本場の泡盛
各種リキュール
ワイン
ビール
調味料/食品
店舗案内
蔵見学/酒の会
豆知識
四代目日記
ジェレミー・クアスターナ
Jeremy Quastana
ラピエール仕込みのピュアなワイン!




ロワールの若き生産者ジェレミー・クアスタ-ナ、1986年8月20日生まれ。
AOCで言うとChevernyのFresnesという村で生まれ育ちましたが、ワインとは全く無関係に育ちました。
お父様はフランスのガス会社にお勤め、農業とは全く無縁です。

大学は同じロワールのTours大学、専攻は西洋史でした。
ところが大学4年生の時に人生を変える出会いがあったのです。
たまたまお小遣い欲しさに収穫のアルバイトをしました。
近所のLes Vins Contesのオヴィリエ・ルマッソン氏のワイナリーです。
気軽な気持ちでアルバイトしたのですが、その間に頭に衝撃を受けるようなナチュラなワインを沢山飲み
大の大人が真剣に農業に向かって命を懸けて働いている姿を見て、衝撃を受けました。

大学卒業後の進学に悩んでいる中、純粋なJeremyはある決断をします。
こんなに不思議なワインなら、もう少し勉強してみたい!と…。

そして大学卒業後、今までと分野の違うボルドー大学の醸造学科に2年通い、本格的にワインの醸造を勉強しました。
その間もオリヴィエの収穫を手伝い、忙しい時は準スタッフとしてワイン醸造も手伝いました。
大学の卒業見習いに選んだのはボージョレの大御所、今は亡き、マルセル・ラピエール氏のワイナリーです。
2008年に半年間、ラピエール氏のもとでナチュラルワインを徹底的に勉強しました。
そのスタジエも無事終了し、ボルドー大学を卒業と同時に彼が選んだ人生はワインを自ら造る事です。

そして2009年に畑を2ha借りて2010年からワイン造りを始めました。
彼は生まれつき運が良かったのかもしれません。
幸運にもご両親を始め、色んな方がJeremyを応援してくれて、こんな最短でワイン造りを開始しました。



(インポーター紹介文より)





Syrah 2016
ジェレミー・クアスターナ シラー 2016   ビオロジック

 軽快で薄旨系シラー!

 学生時代にたまたまアルバイトで入った「レ・ヴァン・コンテ」のオヴィリエ・ルマッソン氏のワイナリーで衝撃を受けるようなワインを沢山飲み、ワイン造りに興味を持ちます。
 大学卒業後、今迄と分野の違うボルドー大学の醸造学科に2年通い、本格的にワインの醸造を勉強し、その間もオリヴィエの収穫は手伝い、忙しい時は準スタッフとしてワイン醸造も手伝いました。
 大学の卒業見習いに選んだのはボージョレの大御所、マルセル・ラピエール氏のワイナリーです。
 2008年に半年間、ラピエール氏のもとでナチュラルワインを徹底的に勉強し、2009年に畑を2ha借りて2010年からワイン作りを始めました。

 この赤ワインは、ラングドックの葡萄農家から購入したシラーを使用した赤ワイン。
 1週間のマセラシオンカルボニックの後、ステンレスタンク発酵。
 木樽にて5ヶ月熟成し、SO2無添加にてボトリングしています。

 淡いガーネットの色調にチェリーなどの香り。

 シラーのイメージと違い、エアリーで軽めのタンニン。
 エキス感たっぷりの薄旨系の仕上がりです。

     
原産国 フランス 地方 ロワール
品種 シラー100%
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 11.5% 飲み頃温度帯 8〜16℃
AOC Vin de France

品 名 価格
シラー 2016 \2,400 (外税)





Cot Lectif 2014
ジェレミー・クアスターナ コー・レクティフ 2014   ビオロジック

 ナチュラルで甘酸っぱい果実味!

 学生時代にたまたまアルバイトで入った「レ・ヴァン・コンテ」のオヴィリエ・ルマッソン氏のワイナリーで衝撃を受けるようなワインを沢山飲み、ワイン造りに興味を持ちます。
 大学卒業後、今迄と分野の違うボルドー大学の醸造学科に2年通い、本格的にワインの醸造を勉強し、その間もオリヴィエの収穫は手伝い、忙しい時は準スタッフとしてワイン醸造も手伝いました。
 大学の卒業見習いに選んだのはボージョレの大御所、マルセル・ラピエール氏のワイナリーです。
 2008年に半年間、ラピエール氏のもとでナチュラルワインを徹底的に勉強し、2009年に畑を2ha借りて2010年からワイン作りを始めました。

 Collectif=「共同の」意味で、皆でコーの収穫を行ったことがキュヴェ名の由来です。

 樹齢50年のコーを100%カルボニック法で仕込み、プレス後木樽で6 ヶ月熟成しました。

 色調はやや濁りのある赤紫色。
 開栓すぐは若干還元のニュアンスを感じる場合もありますが、すぐに消えます。
 本来の香りにはチャーミングさがあり、野いちごやスミレのニュアンス。
 時間と共にパプリカや腐葉土のニュアンスも感じます。

 口当たりは瑞々しく軽快。
 渋みの要素は少なく、やさしく可憐なアタックと、ナチュラル感のあるフレッシュな果実味。
 ほのかにスパイシーな要素も感じられます。

 軽快で爽やかな酸があり、ジューシーでスルスル飲めてしまう、飲み心地のよいナチュラルワインです。

     
原産国 フランス 地方 ロワール
品種 コー100%
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 10.5% 飲み頃温度帯 8〜16℃
土壌 砂質土壌 AOC Vin de France

品 名  完売致しました 価格
コー・レクティフ 2014 \2,400 (外税)





L'insurge Gamay V.V. 2017
ジェレミー・クアスターナ ランシュルジュ・ガメイ V.V. 2017   ビオロジック

 軽快で薄旨系シラー!

 学生時代にたまたまアルバイトで入った「レ・ヴァン・コンテ」のオヴィリエ・ルマッソン氏のワイナリーで衝撃を受けるようなワインを沢山飲み、ワイン造りに興味を持ちます。
 大学卒業後、今迄と分野の違うボルドー大学の醸造学科に2年通い、本格的にワインの醸造を勉強し、その間もオリヴィエの収穫は手伝い、忙しい時は準スタッフとしてワイン醸造も手伝いました。
 大学の卒業見習いに選んだのはボージョレの大御所、マルセル・ラピエール氏のワイナリーです。
 2008年に半年間、ラピエール氏のもとでナチュラルワインを徹底的に勉強し、2009年に畑を2ha借りて2010年からワイン作りを始めました。

 この赤ワインは、ジュンヌガメイ、ヴィユーガメイ、コをアッサンブラージュし、醸し後、木樽で熟成した「反乱者」という意味のキュヴェです。

 やや濁りのある梅色に、クランベリーなど赤果実的な香りを感じます。

 ハイビスカスティーのような明るい印象のアタックにエキスが溢れ、控えめで心地の良い爽やかな酸が全体をまとめてくれます。

 軽やかなタッチにナチュラルでジューシーな果実味があり、非常に飲み心地よい味わいです。

     
原産国 フランス 地方 ロワール
品種 ジュンヌガメイ1/3
ヴィユーガメイ1/3 コ1/3
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 11% 飲み頃温度帯 8〜16℃
土壌 粘土 シレックス AOC Vin de France

品 名 価格
ランシュルジュ ガメイ V.V. 2017 \2,486 (外税)



当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori-sake.biz All Rights Reserved.