奈良の地酒屋 登酒店
奈良の地酒
各地の地酒
各地の焼酎
本場の泡盛
各種リキュール
ワイン
ビール
調味料/食品
店舗案内
蔵見学/酒の会
豆知識
四代目日記
ドメーヌ・ジュリアン・ピノー
Domaine Julien Pineau
驚くべき果実味とナチュラルな旨み!




2015年に引退したクロ・ロッシュ・ブランシュのオーナー・カトリーヌ。
その最後の6.7haを購入し新しくドメーヌを誕生させたのが、ジュリアン・ピノーです。

1985年9月16日ロワール・トゥール生まれ。
大学でワインとは全く違う経済を専攻後、アメリカに留学。
その間に夏休みを利用して葡萄畑の収穫を経験し、その時に自然の素晴らしさを認識します。
 帰国した2009年にモンルイのリーズ・エ・ベルナール・スーセで収穫をして、ワインを造ろう!と決意。
早速アンボワーズの醸造学校に入学し、本格的に醸造を勉強します。
みっちりとエノローグを勉強した後、2012 〜 2013年プロヴァンスのドメーヌ・テール・プロミズやクリストフ・コモールで仕事をして
やはりロワールで自分のワイナリーを立ち上げようと、2014年ノエラ・モランタンの所で働きました。
そこでクロ・ロッシュ・ブランシュのカトリーヌと出会い、畑の購入となったのです。

ジュリアンは最後までカトリーヌが売らなかった、一番良い畑をGetしました。
あの樹齢100年以上の素晴らしいコーもジュリアンにご縁があったのです。

ジュリアンの若い感性が初年度からきちっと瓶に詰まりました。
どれを飲んでもウルトラナチュラルで新人とは思えない感覚です。
彼のワインには華があるのです
果実をこれだけ残すのは難しいのですが、それをいとも簡単にさらっとやってのけました。
彼が今後どんなワイン造りをしていくのか、とっても楽しみな歴史が誕生しました。



(インポーター紹介文より)





Roche Blanche 2016
ジュリアン・ピノー ロッシュ・ブランシュ 2016   ビオロジック

 リッチで飲み心地よい果実味♪

 クロ・ロッシュ・ブランシュのオーナーであるカトリーヌは2015年に引退をしましたが、その最後の6.7haを購入し、新しくドメーヌを誕生させたのが、ジュリアン・ピノーです。
 
 このロッシュ・ブランシュは、元クロ・ロッシュ・ブランシュの畑に植わる樹齢35 〜75年のソーヴィニョンブランを24時間の醸し後、ステンレスタンクで30日発酵、そのまま熟成、SO2無添加で仕上げました。

 輝くレモンイエローの色調。
 香りには爽やかさがあり、青りんごやハーブ、南国系果実のアロマが拡がります。

 口当たりはフレッシュさがあり、少々粘性を感じる飲み口。

 上質な葡萄を彷彿とさせる濃厚でリッチな果実味に、グレープフルーツ的なキレのある酸が溶け込んだ、冷涼さのある味わい。

 やや酸が前面に感じられますが、まとまりよく、飲み心地のよさも併せ持つ白ワインです。

     
原産国 フランス 地方 ロワール
品種 ソーヴィニヨンブラン100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 13% 飲み頃温度帯 8〜16℃
土壌 シレックス・粘土 AOC Vdフランス

品 名 価格
ロッシュ・ブランシュ 2016 \2,828 (外税)





SUBSTANCE 2016
ジュリアン・ピノー シュブスタンス 2016   ビオロジック

 リッチな果実味♪

 クロ・ロッシュ・ブランシュのオーナーであるカトリーヌは2015年に引退をしましたが、その最後の6.7haを購入し、新しくドメーヌを誕生させたのが、ジュリアン・ピノーです。

 このワインは、元クロ・ロッシュ・ブランシュの畑に植わる平均樹齢約70年のソーヴィニョンを24時間の醸し後、フードルで13 ヶ月発酵。
 7ヶ月熟成し、SO2無添加で瓶詰めしました。

 光沢のあるホワイトイエローの外観から、レモンピールやホワイトペッパーのアロマを感じます。

 ピュアで滑らかな口あたりに、骨太な酸がリッチな果実味を包み込み、ミ
ネラルたゆたう完璧なアフターへと流れて行きます。
     
原産国 フランス 地方 ロワール
品種 ソーヴィニオン・ブラン100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 14% 飲み頃温度帯 8〜12℃
土壌 シレックス 粘土 AOC Vdフランス

品 名 価格
シュブスタンス 2016 \3,857 (外税)





Petillant Rose Bocca Di Rosa 2016
ジュリアン・ピノー ペティアン・ロゼ ボッカ・ディ・ローザ 2016   ビオロジック

 爽やかな甘酸っぱ系♪

 クロ・ロッシュ・ブランシュのオーナーであるカトリーヌは2015年に引退をしましたが、その最後の6.7haを購入し、新しくドメーヌを誕生させたのが、ジュリアン・ピノーです。
 
 このボッカ・ディ・ローザは、イタリア人歌手ファブリツィオ・デ・アンドレの曲名を冠したキュヴェ。

 ベルネソーヴィニョン主体にとガメイ、コをグラスファイバータンクで2ヶ月発酵後、瓶詰め。
 瓶内二次発酵、SO2無添加で仕上げました。

 コーラルピンクの外観。
 グレナデンやラズベリー、ハーブの香りが広がります。

 フレッシュな口当たりに、クランベリーの甘やかな印象。
 口角が上がる爽やかな酸が効いています。

     
原産国 フランス 地方 ロワール
ロゼ・泡 品種 カベルネソーヴィニョン70%
ガメイ29% コ1%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 11% 飲み頃温度帯 6〜10℃
土壌 シレックス・粘土石灰 AOC Vdフランス

品 名  完売致しました 価格
ペティアン・ロゼ ボッカ・ディ・ローザ 2016 \3,257 (外税)





Les Sucettes a l'Aunis 2017
ジュリアン・ピノー レ・シュセット・ア・ロニス 2017   
ビオロジック

 チャーミングな酸と果実味♪

  クロ・ロッシュ・ブランシュのオーナーであるカトリーヌは2015年に引退をしましたが、その最後の6.7haを購入し、新しくドメーヌを誕生させたのが、ジュリアン・ピノーです。

 このワインは、セルジュ・ゲンズブールの曲「Les sucettes(棒付きキャンディー)」から命名しました。

 2区画のピノドニスとガメイを15日間醸し後、2〜 3日おきにルモンタージュしながら発酵。
 プレス後、フードルで7 ヶ月シュールリー熟成しました。

 憂いを帯びたパープルルビーの色調。
 香りにはカシスやベリー系のニュアンス。

 瑞々しくフレッシュさのある口当たりに、チャーミングな果実味。
 クランベリー系の酸を伴うナチュラル感のある飲み心地。

 渋みは少なく、果実感に冷涼な酸が効いた、薄旨系の味わいです。

     
原産国 フランス 地方 ロワール
品種 ピノドニス70%
ガメイ30%
タイプ ミディアムボディ 容量 750ml
アルコール度数 12.5% 飲み頃温度帯 8〜1℃
土壌 粘土 シレックス 砂質 AOC Vdフランス

品 名 価格
レ・シュセット・ア・ロニス 2017 \2,914 (外税)



当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori-sake.biz All Rights Reserved.