奈良の地酒屋 登酒店
奈良の地酒
各地の地酒
各地の焼酎
各種リキュール
ワイン
ビール
調味料/食品
店舗案内
蔵見学/酒の会
豆知識
四代目日記
ロワール
Loire


Skeveldra Vinifie par Junko Arai 2014
セバスチャン・リフォー スケヴェルドラ・ヴィニフィエ・パー・ジュンコ・アライ 2014   ビオロジック

 セバスチャン・リフォーと新井順子のコラボワイン!

 2011年の醸造を最後に手放すこととなった、新井順子さんが営むボワ・ルカのソーヴィニヨン・ブランの畑。
 そのソーヴィニヨン・ブランに代わって、セバスチャン・リフォーのソーヴィニヨン・ブランで仕込まれたのが、このワイン。

 セバスチャンの醸造方法は、基本は全て一緒で、収穫後葡萄を絞り、大きなタンクで1年発酵させ、もう1年古樽で熟成させるという方法。
 しかしながら、このワインは新井順子式で醸造し、木の目の詰まっていない新樽で柔らかい還元化で、自然なスピードで発酵させる方法をとっています。

 「石のかけら」という名を持つシレックス土壌の貴腐の付いたブドウを、ボワルカで使用した500Lの古樽で12 ヶ月発酵、そのまま6 ヶ月熟成し無濾過無清澄、SO2無添加で瓶詰めしました。

 憂いあるトパーズの色調。
 香りには黄桃やスパイスのニュアンスを感じます。

 粘性のある口当りに、しっかりとしたアタック。
 穏やかな酸がたおやかに流れ、蜜の旨みが凝縮味を与えてくれます。

     
原産国 フランス 地方 ロワール
品種 ソーヴィニヨンブラン100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 13% 飲み頃温度帯 8〜14℃
土壌 シレックス AOC サンセール

品 名 価格
スケヴェルドラ・ヴィニフィエ・パー・ジュンコ・アライ 2014 \3,943 (外税)





Les Quarterons 2016
セバスチャン・リフォー レ・カルトロン 2016   ビオロジック

 アロマティックで爽やか!

 家族は代々サンセールで農業を営んでおり、そんな自然の環境で生まれ育ったセバスチャン。
 葡萄の栽培は無農薬をベースにスパルタ教育でありながら、最終的には葡萄に限りなく優しい農法を選んでいます。
 基本は放っておくことで甘やかせていてはいけません。
 それが肥料であり、土の興し方でもあるのですが、必要な時に手を差し伸べます。

 このレ・カルトロンは、父の時代から続くスタンダードなサンセール。
 ステンレスタンクで発酵、そのまま24ヶ月シュールリー熟成しました。
 このキュヴェのみ瓶詰め時にSO2を10mg/L添加、軽く濾過し瓶詰めします。

 16年は前年に比べ少し暑く、アロマティックなブドウに仕上がり、グレープフルーツやライム、青りんごの香り。

 クリアーでピュアな果実味に綺麗なミネラル感。
 キリっとした味わいと円みのある味わいが同居する、飲み心地よい仕上がり。

 爽やかでシャープな味わいで、サンセールらしさが増した印象です。

     
原産国 フランス 地方 ロワール
品種 ソーヴィニヨンブラン100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 13% 飲み頃温度帯 8〜14℃
土壌 シレックス AOC サンセール

品 名  完売致しました 価格
レ・カルトロン 2016 \2,914 (外税)





Grolleau 2018
マリー・チボー グロロー 2018   ビオロジック

 バランスよい果実味♪

 マリー・チボーは、パリのナチュラルワイン専門店で働きながらワインを勉強し、2001年1月南アフリカのワイナリーで4 ヶ月働き、同2001年にスイスのワイナリー、と1年に2回醸造を経験。
 2002年にロワールに戻り、シノンの大御所フランソワ・シデーヌのもとで1年働き、その後、子供の出産で1年お休みし、2005年〜2007年はソーミュールの大きなカーヴで事務仕事。
 ずっとずっと畑を探し、やっと2010年に見つかり、自分のワインを造りはじめます。

 このワインは、樹齢55年のグロローを使用。
 20hlのセメントタンクで10日間醸し、そのまま6ヶ月間発酵・熟成し、SO2無添加で瓶詰めしています。

 明るく詰まったボルドーカラー。
 ザクロやカシス、ハーブの香り。

 安定した旨味のアタックと滑らかなテクスチャー。
 甘味と酸味の整ったバランスがクリーンなアフターへと導いてくれます。

     
原産国 フランス 地方 ロワール
品種 グロロー100%
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 12% 飲み頃温度帯 10〜16℃
土壌 シレックス AOC Vdフランス

品 名 価格
グロロー 2018 \2,743 (外税)





Grolleau and Co 2016
マリー・チボー グロロー・アンド・コ 2016   ビオロジック

 チャーミングな果実味♪

 マリー・チボーは、パリのナチュラルワイン専門店で働きながらワインを勉強し、2001年1月南アフリカのワイナリーで4 ヶ月働き、同2001年にスイスのワイナリー、と1年に2回醸造を経験。
 2002年にロワールに戻り、シノンの大御所フランソワ・シデーヌのもとで1年働き、その後、子供の出産で1年お休みし、2005年〜2007年はソーミュールの大きなカーヴで事務仕事。
 ずっとずっと畑を探し、やっと2010年に見つかり、自分のワインを造りはじめます。

 このワインは、自社畑の粘土シレックスに植わるグロローとコを除梗し、30日間醸し後、ステンレスタンクで18 ヶ月発酵熟成し、軽く濾過、瓶詰めしています。

 ややオレンジを帯びたルビーの外観。
 香りは比較的穏やかながら、スミレやミント、すもものニュアンスも感じられます。

 口当たりは甘やかで優しい柔らかなアタック。
 ベリーを煮詰めたような深みのある果実感に、中程度の酸が溶け込んだ滑らかな味わいで、ほんのりスパイシーさやスモーキーさも。

 果実美たっぷりな味わいで、飲み心地のよさとふくよかさを併せ持ち、余韻にかけてじんわりとタンニンも感じられます。

     
原産国 フランス 地方 ロワール
品種 グロロー70% コ30%
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 13% 飲み頃温度帯 12〜16℃
土壌 シレックス・粘土 AOC Vdフランス

品 名  完売致しました 価格
グロロー・アンド・コ 2016 \2,486 (外税)





Achillee V.V. 2012
アシレー V.V. 2012   ビオディナミ

 チャーミングで柔らかな果実味♪

 パスカル・ランベールは1960年生まれ。
 1987年からワイン造りを開始し、途中から少しずつ無農薬農法に切り替え、2008年からは100%ビオディナミに移行しました。同年エコセールを取得。
 基本的に彼のワイン造りは、無濾過、SO2は瓶詰めの時に最低限に抑え、テロワールを大切に表現した醸造を行います。
 そして果実香を最重要視して仕込まれます。

 このワインは、粘土とシレックスの土壌で育つ平均樹齢65年のカベルネフランを除梗し1 ヶ月間醸した後、トロンコニック樽で18 ヶ月熟成しました。

 ガーネットの外観から、ゴボウや茎などフラン特有の香りを感じます。

 柔和で滑らかな液質にチャーミングな酸味。
 軽快さのあるナチュラルなニュアンスに、甘酸っぱくフレッシュさの感じられるベリージュースのような上品な味わい。

 非常に飲み心地よく、スルスルと飲み進められます。

     
原産国 フランス 地方 ロワール
品種 カベルネフラン100%
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 12.5% 飲み頃温度帯 10〜14℃
土壌 粘土 シレックス AOC シノン

品 名 価格
アシレー V.V. 2012 \2,486 (外税)





Cuvee BOVIN 2015
エルヴェ・ヴィルマード キュヴェ・ボヴァン 2015   ビオディナミ

 しなやかな果実味♪

 シュヴェルニは1993年に格付けされた歴史の浅いAOC。
 ティエリー・ピュズラのワイナリーがあるモンティスの東隣になります。
 エルヴェ・ヴィルマードは、ティエリー・ピュズラとも親交が深い。
 90年代にはいってから、 ヴァン・ナチュールの造りにとりくむようになりました。

 このワインはガメイを使用したカジュアルなリッターワイン。
 リサイクル瓶を使用し、親しみのあるラベルですが、味わいは本格派。

 香りは比較的穏やか。
 スパイシーなベリー、スミレのニュアンス。

 口当たりは瑞々しく軽快な飲み口。

 ナチュラルで心地よい果実味、チェリーやフランボワーズ。

 タンニンは控えめで渋味の要素は少ないが、スパイシーさを伴う酸が効いていて、ただ飲みやすいだけでなく、骨格のある味わいにしています。

 飲み心地の良さがあり、カジュアルさ、お気軽さのあるワインであると共に、非常にナチュラル感とバランスに優れた仕上がりです。

     
原産国 フランス 地方 ロワール
品種 ガメイ100%
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 12.5% 飲み頃温度帯 6〜14℃
土壌 AOC ヴァン・ド・フランス

品 名  完売致しました 価格
キュヴェ・ボヴァン 2015 \2,743 (外税)





Gazouillis 2016
シルヴァン・マルティネズ ガズゥイ 2016   ビオロジック

 癒し系微々発泡♪

 農業を営んでいた祖父の後を追いかけて子供時代をすごしたせいで、小さな頃から自然が大好きだったシルヴァンは、早くから農業を目指しましたが、とりわけ懇親性があって深い文化を持つ「ワイン」に惹かれました。
 ワイン造りの仕事に就き、大小数ヶ所の蔵元で働いて経験を積んでいきました。
 最後に働いたのは、馬で耕作する研修を開くほどの腕前を持つ造り手オリヴィエ・クザン。
 彼はSO2無添加でワインを作っています。
 彼と共にビオロジックでブドウを育て、馬を操って土を耕す仕事をしながら、自然環境を重んじる農業と共に、SO2無添加でのワインを造りに感銘を受けて、自身のスタイルにとりいれてゆき、2007年に独立。

 このガスゥイは、古い木樽にて9ヶ月かけて発酵と熟成をさせた後、ガスを残すようにゆっくりとビン詰めして、若干発泡性を残しました。
 熟成中は、細かな澱と一緒の「シュール・リー」状態にして複雑味を引きだします。SO2は一切無し。清澄・ろ過をせずにビン詰め。

 味わいは、非常にジューシー感溢れる味わい。

 発泡感はあまり強くはないですが、ナチュラルで柔らかな果実味が広がります。

 甘口ではないですが、甘酸っぱさのある印象で、グレープフルーツ的な酸とリッチな果実味が楽しめる味わい。

 角のない優しい味わいは、心地よく癒されるような気持ちにさせます。

     
原産国 フランス 地方 ロワール
白・微発泡 品種 シュナン・ブラン100%
タイプ 辛口? 容量 750ml
アルコール度数 12.5% 飲み頃温度帯 6〜12℃
土壌 粘土質に砂利 AOC Vdフランス

品 名 価格
ガズゥイ 2016 \3,428 (外税)





Salade de Fruits 2015
クロズリー・ド・ベル・プーレ サラダ・ド・フリュイ 2015   有機栽培

 辛口ながらフルーツ感を楽しめる微発泡ロゼ!

 造り手のセバスチャン・ガンデュベールは、1999年からワイン造りをしています。
 ワインとは無縁の環境で育ちましたが、17歳の頃にボルドーで葡萄を栽培している人物と知り合った事がきっかけとなり、ワインに興味を抱き始め、ワイン造りの世界に入りました。
 パトリック・デプラと親交が深く、農作業について教わりながらより良い栽培と醸造を研究しています。

 使用している葡萄は樹齢約25年。
 ダイレクトプレスで、マセラシオンはしておりません。

 仄かにオレンジがかった濁りのある淡いピンクで、抜栓直後はフレッシュなさくらんぼや姫リンゴなどの甘酸っぱい香りに、ごく僅かながら青いニュアンスが感じられる辛口の仕上がりです。

 フルーツサラダを食べているような味わいからこの名が付きましたが、前ヴィンテージに比べサラダの葉を思わせる青さよりフルーツ感が強く感じられ、開
いてくると青さは殆ど感じられなくなります。

 ピリピリと舌を刺激する程度の細かなガスで、それほど持続性は長くありません。
 抜栓時は赤いリンゴを丸ごとかじったような果実感と細かいガスが軽快さを想わせ、舌に仄かな甘さを残しつつ酸が上手く甘さを引き立てる印象です。
 瓶底に進むに連れ徐々にガスは弱くなりますが、それと共に澱との接触が多くなりネクターや完熟したリンゴ、プラムのような膨よかな果実味を味わうことができ、1本を通して果実味の変化が楽しめるスタイルです。

     
原産国 フランス 地方 ロワール
ロゼ・微泡 品種 カベルネ・ソーヴィニヨン100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 11.5% 飲み頃温度帯 8〜14℃
AOC Vin de France

品 名 価格
サラダ・ド・フリュイ 2015 \3,285 (外税)





Paloma 2018
ダミアン・ビュロー パロマ 2018   有機栽培

 軽やかさと複雑味のバランス♪

 ダミアン・ビュローは、アンジュ近くのサン・ランベールという小さな町の生まれで、旧グリオットのセバスチャンとも幼馴染。
 2006年に少量のペティアンを造ったのが始まりで、毎年小さな区画を買い足してきました。
 ナチュラルながら綺麗なワイン造りを追求しています。

 このワインは、グロロとガメイを使用した赤ワイン。
 華やかな香りが主体で、グロロの優しさとガメイの旨味がじんわりと広がる、薄うま系まろやかワインです。

 開栓すぐはやや還元の要素を感じる場合がありますが、気にならない程度。
 本来の香りには華やかでスミレのようなニュアンスが感じられます。

 口当たりは瑞々しく軽やか。
 少々ビターな果実味を感じる飲み口に、スモーキーさや紅茶っぽい雰囲気も感じられます。

 品の良さはありつつも、複雑味があり、時間と共に円やかな飲み心地となっていきます。

     
原産国 フランス 地方 ロワール
品種 グロロ、ガメイ
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 11.5% 飲み頃温度帯 8〜14℃

品 名 価格
パロマ 2018 \3,171 (外税)





L'Elixir de Tres Longue-Vie 2014
グザヴィエ・マルシェ レリクシール・ド・トレ・ロング・ヴィ 2014   有機栽培

 長期マセラシオンの特別キュヴェ♪

 元システム エンジニアという異色の経歴を持つグザヴィエ・マルシェ。
 良いブドウを収穫し、優しく圧搾した後は木樽でゆっくりと熟成を待つだけという非常にシンプルな造りから、圧倒的な個性と魅力あるワインを造り出しています。
 自然を愛し、手作業にこだわるナチュラリストがが醸す唯一無二のワインです。

 長寿という言葉に「より、さらに」という意味の「トレ」が加えられ、「超長寿の霊薬」と名付けられた赤ワイン。

 ポテンシャルの高いカベルネ・フランを選別し、6ヶ月という長期にわたってマセラシオン(醸し)を行った特別キュヴェ。
 これほどの期間マセラシオンをすると、タニックなワインを想像するのが通常ですが、実際のワインの味わいは非常に大人びた落ち着きを感じさせるバランスです。

 香りにはクランベリーなど赤果実を連想させるチャーミングな香り。
 口当たりには瑞々しさがあり、カベルネ・フランらしい青っぽさも感じられます。

 キュっと締まったタンニンと共にスパイシーなニュアンス。
 タンニンは程よく感じられますが、重たさは微塵もなく、むしろ軽やかさすら感じられる味わい。

 梅かつおやダシ系の要素と共に、甘酸っぱ系のチャーミングでナチュラルな果実感。

 アタックには渋みやスモーキーさがありますが、余韻にかけて飲み心地の良さがあり、引けのよい味わい。

     
原産国 フランス 地方 ロワール
品種 カベルネ・フラン100%
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 12% 飲み頃温度帯 10〜16℃

品 名  完売致しました 価格
レリクシール・ド・トレ・ロング・ヴィ 2014 \3,086 (外税)





Le clos des landes 2018
マニュエル・ピノー ル・クロ・デ・ランド 2018   ビオディナミ

 グレープフルーツな清涼感!

 当主マニュエルは、ロワールならではのムロン・ド・ブルゴーニュ(ミュスカデ)への味わいの追及に拘りを持つ。
 葡萄はビオディナミで管理され、病気を抑える為には自家製の天然ハーブを使用。ごく少量の銅を散布し硫黄は一切使用しない。
 醸造も至ってシンプルで、極力余計な手を加えずに、ムロン・ド・ブルゴーニュ本来の味わを引き出そうと尽力しています。

 香りには華やかさや爽やかさ。
 白い花や柑橘のニュアンスも感じられます。

 口当たりは瑞々しくフレッシュ。
 軽やかで透明感のあるタッチに、グレープフルーツな果実感。

 キリっとした酸と共に、じんわりとリッチな要素やほろ苦さが広がります。

 爽やかに飲み進められる、清涼感のある味わいです。

     
原産国 フランス 地方 ロワール
品種 ムロン・ド・ブルゴーニュ
100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 12% 飲み頃温度帯 6〜12℃
土壌 雲母シスト AOC VdF

品 名 価格
ル・クロ・デ・ランド 2018 \2,229 (外税)


当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori-sake.biz All Rights Reserved.