奈良の地酒屋 登酒店
奈良の地酒
各地の地酒
各地の焼酎
本場の泡盛
各種リキュール
ワイン
ビール
調味料/食品
店舗案内
蔵見学/酒の会
豆知識
四代目日記
ラ・クーレ・ダンブロジア
La Coulee d'Ambrosia
”ありのまま”に造られたワイン!




グリオットのワインを飲んでこの道に進んだ ジャン-フランソワ シェネは
「農民であることに誇りをもてる仕事をする」
その想いを胸に抱き自然環境とワインを飲んでくれる愛好家を尊重した農業に取り組むことを決め
化学物質に頼ることなく土と対話を重ねそれを育み、自然かつ健全なブドウを完熟した状態で収穫することに注力してきました。

また、醸造者としては「決してワインを触りすぎることなくありのままに造ること」を旨とし
酵母や亜硫酸はもちろん酵素もビタミン剤も決して加えず、成り行きのままに醸造します。

強い個性を有するが故に、リリースするまで長い年月を待って良い状態にしたにも関わらずその品質を否定され
父親から譲り受けた畑の一部を売却して資金繰りに充てざるを得ない状況に陥り
自分の仕事に対して悩んだこともありましたが
尊敬する生産者からの助言や励ましを得て現在に至っております。

彼が造るワインは、自身に強い影響を与えたグリオットのそれに劣らぬ無限のポテンシャルを秘めており
彼がこの土地で造るからこそできる唯一無二のものだと述べても過言ではないでしょう。


(インポーター紹介文より)





Les Joues Rouges 2012
ラ・クーレ・ダンブロジア レ・ジュー・ルージュ 2012   有機栽培

 穏やかで果実感溢れるカベルネ・フラン!

 グリオットのワインを飲んでこの道に進んだ ジャン-フランソワ シェネは、「農民であることに誇りをもてる仕事をする」、その想いを胸に抱き自然環境とワインを飲んでくれる愛好家を尊重した農業に取り組むことを決め、化学物質に頼ることなく、土と対話を重ねそれを育み、自然かつ健全なブドウを完熟した状態で収穫することに注力してきました。
 また、醸造者としては「決してワインを触りすぎることなくありのままに造ること」を旨とし、酵母や亜硫酸はもちろん酵素もビタミン剤も決して加えず、成り行きのままに醸造します。

 このワインに使われている葡萄は、粘土とシストの混ざる土壌構成で樹65年。
 15日間のマセラシオンカルボニック。
 翌年の春に瓶詰めをしています。

 この2012年ヴィンテージは、瓶詰め後に豆のニュアンスが感じられたため、納得がいく状態になるまでジャン・フランソワが長期間カーヴで保管し、今回のリリースとなりました。

 オレンジがかった中程度の赤色。
 ドライ苺やグレナデン、ドライいちじくなどの凝縮した果実に僅かながらタバコや黒糖、土などの複雑なニュアンスが混ざり合います。

 これまでのジュー・ルージュにはない熟成由来の深みのある風味が口中に広がり、酸はやや揮発的ですが、梅かつおのような旨味や果実味とのバランスが良く嫌味がありません。
 その酸がボリュームを調整しワインの輪郭を感じさせるような大きな役割を果たし、また口当たりを軽くさせ流れるようにスムーズな飲み心地へと導いてくれています。

 レ・ジュー・ルージュを寝かせることで、このような果実味と旨味の調和、そして妖艶さがうまれてくることを感じさせてくれる、素晴らしい熟成の様子を体感して頂けます。


 この名前は「AOC Anjou Rouge」を捩ったところからきています。

     
原産国 フランス 地方 ロワール
品種 カベルネ・フラン100%
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 12% 飲み頃温度帯 8〜14℃
AOC Vin de France

品 名 価格
レ・ジュー・ルージュ 2012 \2,743 (外税)





Boit Sans Soif 2016
ラ・クーレ・ダンブロジア ボワ・サン・ソワフ 2016   有機栽培

 軽快でナチュラルな9%ワイン!

 グリオットのワインを飲んでこの道に進んだ ジャン-フランソワ シェネは、「農民であることに誇りをもてる仕事をする」、その想いを胸に抱き自然環境とワインを飲んでくれる愛好家を尊重した農業に取り組むことを決め、化学物質に頼ることなく、土と対話を重ねそれを育み、自然かつ健全なブドウを完熟した状態で収穫することに注力してきました。
 また、醸造者としては「決してワインを触りすぎることなくありのままに造ること」を旨とし、酵母や亜硫酸はもちろん酵素もビタミン剤も決して加えず、成り行きのままに醸造します。

 粘土とシストの混ざる土壌構成で樹齢約35年。
 10日間のマセラシオンカルボニック、翌年の春に瓶詰めをしています。

 アルコール度数が9%未満となり、VdFも名乗れない事から、Boisson issue de raisins fermentes(ブドウの発酵飲料)と表記されています。


 若々しいガスが残っており、セラーの温度帯では抜栓時僅かに吹きこぼれる事がありますので、よく冷やした状態で抜栓をして頂くことをお勧めします。
また、抜栓時はやや還元状態にありますがスワリング程度で気にならず、空気に触れ約1時間程度で解消されます。

 クランベリージュースのような明るい赤色で、軽くドライにした苺やザクロ、クランベリーなどの熟した赤い果実の香りに、フレッシュハーブのような青みがかった香りが仄かに感じられます。

 それは果実味との相性が良く、葉付きの苺を想わせる爽やかなアクセントになっています。
 まさにグロローらしい軽快且つ瑞々しい飲み心地で、中盤以降から余韻にかけて明るい果実の風味が広がり長く続きます。

 飲み心地の軽快さはそのままに、開いてくるとドライ苺のような風味が増し、柔らかい甘みや酸とのバランスが一層整い、優しく沁み込むような味わいを楽しむことができます。

     
原産国 フランス 地方 ロワール
品種 グロロー100%
タイプ ライト 容量 750ml
アルコール度数 8% 飲み頃温度帯 8〜14℃

品 名 価格
ボワ・サン・ソワフ 2016 \2,314 (外税)





Panier de Fruits 2015
ラ・クーレ・ダンブロジア パニエ・ド・フリュイ 2015   有機栽培

 軽快でナチュラルな9%ワイン!

 グリオットのワインを飲んでこの道に進んだ ジャン-フランソワ シェネは、「農民であることに誇りをもてる仕事をする」、その想いを胸に抱き自然環境とワインを飲んでくれる愛好家を尊重した農業に取り組むことを決め、化学物質に頼ることなく、土と対話を重ねそれを育み、自然かつ健全なブドウを完熟した状態で収穫することに注力してきました。
 また、醸造者としては「決してワインを触りすぎることなくありのままに造ること」を旨とし、酵母や亜硫酸はもちろん酵素もビタミン剤も決して加えず、成り行きのままに醸造します。

 粘土・シスト土壌。樹齢約20年。
 全房プレスの後タンクで発酵・熟成。

 毎年このワインは果実味に溢れた印象になることから、フルーツ・バスケットと言う意味の名前がつけられています。

 やや濁りのあるグレープフルーツジュースのような色合い。
 色からも柑橘系や黄プラムなどの想像を掻き立てられる印象で、黄リンゴやカリン、杏や柑橘果実などの黄色い果皮の果実の香りや風味が感じられます。

 果実味、酸味、旨味が順を追って広がり、フレッシュな印象はありますが、フィニッシュは落ち着いた余韻が感じられます。

 甘さは控えめで辛口の仕上がりですが、熟した果実の風味が多く、温度が上がるとややボディに厚みを感じます。
 そのため、これからの暑い季節にはキリッと冷して頂くことで柑橘果実のようなキレのある酸と軽快な印象をお楽しみ頂けます。
 また、そのスッキリとした酸が昆布のような旨味を引き出す役目も果たしてくれます。

     
原産国 フランス 地方 ロワール
品種 シュナンブラン100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 12% 飲み頃温度帯 8〜14℃

品 名 価格
パニエ・ド・フリュイ 2015 \3,172 (外税)





当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori-sake.biz All Rights Reserved.