奈良の地酒屋 登酒店
ピエール・ルス
Pierre Rousse
造りの個性が引き出す味わい♪


 ロワール地方の農家に生まれたピエールは幼い頃から農業に関心を抱き、農業だけではなく自然保護と地域伝統遺産について学びました。
 最初のワインとの出会いは収穫で、それが農家になるためのプロセスとして自分に合った方法だと感じたようです。
 更にはカーヴでの仕事、葡萄がワインになる不思議な変化に惹かれたのです。
 他の農産物の仕事にも従事しましたが、人との出会いや経験から、葡萄畑の仕事が自然と増えました。

 2001年、収穫を手伝っていた友人であるPechigo ペシゴのシルヴァン・ソーから、所有者が収穫しない区画に関する情報を得ました。
 その区画は農薬すら使用されておらず葡萄の木を抜く予定だったのですが、見学に行き、所有者に葡萄を収穫できるかどうかを尋ねて承諾を得ました。
 この収穫が初めての醸造に繋がりました。
 とても無骨で冒険的な試みでしたが、バリック2樽で数百本のワインができましたし、このワインをとても誇りに思いました。

 2004年に別の区画が見つかり、所有者から賃借して自ら栽培することを勧められました。
 それには少し戸惑いを感じたようですが、悩んだ末に借りることにしました。 これが最初畑で、1ヘクタールのメルローです。

 2005年、彼には収穫がありませんでした。無農薬栽培にチャレンジしたのです。
 結果はベト病による恐ろしい被害に見舞われることになりました。
 翌年から少量の硫黄とビオディナミの調剤による自然農薬を散布し、ようやく葡萄を収穫することができました。
 現在はシルヴァン・ソーの畑を引継ぎ、主として2つの区画の栽培を行っています。
 有機栽培、醸造の認証についてはEcocertを取得していますが、エチケットに表記していません。

 醸造については、これといって決まった方法はないが、明確に言えることは、このワインを構成しているものは純粋に葡萄だけであり、他のものは一切加えられていない。
 醸造学の知識がとても豊富なタイプではないが、品種の個性もしくは地域性を表現することを意図してはおらず、ワインが全くの規格外で好まない人も多いだろうが、何からも束縛されない自由なワインである。

 カーヴは19世紀の終わりに建てられたもので、石の壁が厚く温度変化は緩やか。冬は寒くなり夏は温まるが、その変動はとてもゆっくりとしたものでショックはない。
 タンクはステンレスとグラスファイバー製で、樽は用いない。
 メルローとカベルネは通常は5-6日の短いマセラシオン、房ごとタンクに入れ、軽くピジャージュ。
 自分のピノ・ノワールにはマセラシオンカルボニックが合っていると考え、果実味を大切にし、タンニンや果梗の抽出を押さえています。

(インポーター資料より)





Calembour 2014
ピエール・ルス カランブール 2014   有機栽培

 柑橘系の酸味と旨みの詰まった味わい♪

 無口で控えめ、見ようによっては少し変わった人とも言えますが、仕事は早くて正確、実直そうな部分も感じる生産者。
 フランスのヴァン・ナチュールの生産者の中でも、ひときわ個性的なワインを造る人物で、それ故に販売でもかなり苦労しているようです。
 しかし、しっかりと向き合いながら飲み進めると、実に魅力に溢れる味わいを実感頂けるはずです。

 このカランブールは、シャルドネを使用した白ワイン。

 グレープフルーツジュースのようなやや濁りのある中程度の黄色。
 香りは比較的穏やかながら、レモンやグレープフルーツ、文旦など黄色い果皮の柑橘の果実香も感じられます。

 香りから揮発酸の高さを伺えますが、口に含むとほどよい甘さを感じさせる円みのあるアタックで、香りに似た果実の風味が広がり、仄かに柑橘のピールや内皮を想わせる苦味や緑茶のような風味が感じられ、溢れるような旨味が長く残ります。

 グレープフルーツ系のキリっとした酸が主張しつつも、口中ではふくよかさのある旨味などがしっかりと感じられることで不思議とバランスが保たれ嫌味の無い飲み心地。

 シャープな酸と旨味は、まさにピエール・ルス節全開で、キリッと冷やしてお楽しみ頂きたい白ワインです。

 時間の経過で褐変というよりはやや緑がかった深い色合いへと変化していき、それと共に味わいもやや深まる印象です。

     
原産国 フランス 地方 ルーション
品種 シャルドネ100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 11.5% 飲み頃温度帯 8〜14℃

品 名 価格
カランブール 2014 ¥2,743 (外税)





Ersatz 2017
ピエール・ルス エルサ 2017   有機栽培

 ジューシーな酸とフレッシュ感♪

 無口で控えめ、見ようによっては少し変わった人とも言えますが、仕事は早くて正確、実直そうな部分も感じる生産者。
 フランスのヴァン・ナチュールの生産者の中でも、ひときわ個性的なワインを造る人物で、それ故に販売でもかなり苦労しているようです。
 しかし、しっかりと向き合いながら飲み進めると、実に魅力に溢れる味わいを実感頂けるはずです。

 ピエール・ルスというと揮発酸が高いと思われがちですが、このキュヴェは全くそのようなニュアンスがありません。
 使用している葡萄は買いブドウのソーヴィニョン・ブランで、やや残糖があり熟した果実の風味が豊かで、どなたにも楽しんで頂けるような味わいとなっております。

 王冠で止めていますが、舌先にピリッとガスが当たる程度で、ペティアンではありません。(残糖があることから今後発酵が進み、味わいは今よりも辛口になり若干のガスが発生する可能性があります)

 色調は黄金色。
 黄桃や洋梨、りんごやりんごの蜜などの香りが感じられます。

 口当たりにはフレッシュな微発泡感があり、果実のコンポートを想わせる甘さ、新鮮なりんごをかじった時のようなジューシーな酸がバランス良く広がります。

 果汁感のある馴染みやすい酸とりんごの蜜や黄桃、熟したプラムやアプリコットなどが混ざりあう(アップルピーチ)ような果実感は甘酸っぱくフルーティーな印象です。

 やや残糖感のある心地よい甘さは香りや風味と一体感があり、キュートな味わいはよく冷やして気軽に楽しんで頂けるスタイルになっています。

     
原産国 フランス 地方 ルーション
品種 ソーヴィニヨン・ブラン100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 14% 飲み頃温度帯 8〜14℃

品 名  完売致しました 価格
エルサ 2017 ¥3,085 (外税)





Fioriture 2014
ピエール・ルス フィオリチュール 2014   有機栽培

 旨みたっぷりのロゼ♪

 無口で控えめ、見ようによっては少し変わった人とも言えますが、仕事は早くて正確、実直そうな部分も感じる生産者。
 フランスのヴァン・ナチュールの生産者の中でも、ひときわ個性的なワインを造る人物で、それ故に販売でもかなり苦労しているようです。
 しかし、しっかりと向き合いながら飲み進めると、実に魅力に溢れる味わいを実感頂けるはずです。

 平らでやや北向きの粘土石灰質土壌。
 樹齢約13年の葡萄を使用し、ダイレクトプレスの後、タンクで発酵・熟成。
 通常は軽い赤ワインを造る区画ですが、この年はスズキというショウジョウバエの被害が多く、果皮がとても薄く被害を受けやすいピノ・ノワールは収穫を早めるなどの対策が必要となり、果皮を使わずダイレクトプレスで醸造をするロゼに仕上げました。

 抜栓時にはややピンクも混ざり合う淡いオレンジ色ですが、空気に触れるにつれオレンジ色の要素が強くなっていきます。
 スモモやアセロラなど酸を感じさせる果実の香りと、ややスモーキーな香ばしさが感じられます。

 口に含むと揮発的酸を感じますが、舌先に仄かに甘みを残しながら飲み込むまでに旨味の要素がジュワッと広がり、喉を通る前にシャープな酸は穏やかになります。
 開いてくると共に味わいも深まり、甘酸っぱい杏やソルダムの様な果実味を多く感じます。

 旨味たっぷりの癖になる味わいで、中華やタイ料理、和食など様々なお料理と相性良く楽しめる辛口の仕上がりです。

     
原産国 フランス 地方 ルーション
ロゼ 品種 ピノ・ノワール100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 12.5% 飲み頃温度帯 8〜14℃

品 名  完売致しました 価格
フィオリチュール 2013 ¥2,214 (外税)





Dithyrambe 2014
ピエール・ルス ディティランブ 2014   有機栽培

 円やかさとダシのニュアンス♪

 無口で控えめ、見ようによっては少し変わった人とも言えますが、仕事は早くて正確、実直そうな部分も感じる生産者。
 フランスのヴァン・ナチュールの生産者の中でも、ひときわ個性的なワインを造る人物で、それ故に販売でもかなり苦労しているようです。
 しかし、しっかりと向き合いながら飲み進めると、実に魅力に溢れる味わいを実感頂けるはずです。

 このワインは3種のブドウを使用した赤ワイン。

 メルローはカベルネの前に熟したため、先に収穫して房ごとタンク内で破砕、数日間マセラシオンさせた後にプレスしてタンクでジュースだけを発酵。
 カベルネ2種は遅摘みしてメルロー同様に醸造、発酵終了後にメルローのタンクに入れて熟成。

 オレンジがかった薄にごりのガーネット色。
 赤紫蘇や梅を想わせる香りや風味が主体で、赤いプラムやドライ苺、ざくろ、ドライフラワーや有機のハーブティー、枯葉などの複雑さを感じさせる印象が加わります。

 飲み口に揮発酸は感じられますがバランスが取れ、果実味や甘み、その他熟成由来の風味が一層強く感じられることから、調和がとれており嫌味がありません。

 また、ピエール・ルッスらしさも感じさせながら、熟成による円さや穏やかさ、梅かつおのようなダシのニュアンスが膨らみ、旨味感が多く感じられる味わいとなっています。

     
原産国 フランス 地方 ルーション
品種 メルロー65%
カベルネフラン25%
カベルネ・ソーヴィニョン10%
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 12.5% 飲み頃温度帯 10〜14℃

品 名 価格
ディティランブ 2014 ¥2,657 (外税)





Remue Meninges 2011
ピエール・ルス ルミュー・メナンジュ 2011   有機栽培

 熟成による柔らかさと複雑味♪

 無口で控えめ、見ようによっては少し変わった人とも言えますが、仕事は早くて正確、実直そうな部分も感じる生産者。
 フランスのヴァン・ナチュールの生産者の中でも、ひときわ個性的なワインを造る人物で、それ故に販売でもかなり苦労しているようです。
 しかし、しっかりと向き合いながら飲み進めると、実に魅力に溢れる味わいを実感頂けるはずです。

 このルミュー・メナンジュは、カベルネ・フランとカベルネ・ソーヴィニヨンを使用した赤ワイン。

 ややオレンジがかったガーネット色。

 熟成年数の経過から熟成由来の香りや風味が強く、ドライいちじくや赤紫蘇、ドライフラワーやタバコ、黒糖、そして黒トリュフなど複雑な要素が感じられます。

 口当たりには瑞々しさがあり、軽やかで柔らかさのある飲み口。
 恐らく数年前は非常に骨格が強くパワフルで硬い印象のワインだったと思いますが、時を重ねることで現在のような柔らかく軽やかな飲み心地になったのでしょう。

 クランベリー的な酸や果実味に、じんわりと感じられるタンニン。
 果実味と熟成由来の複雑さの両方が混ざり合う豊かな風味が広がり、余韻には梅かつおを想わせる旨味が長く続きます。

 熟成によるこなれた味わいに心地よい酸が効いていて、複雑味と飲み心地の良さが共存しています。

     
原産国 フランス 地方 ルーション
品種 カベルネ・フラン
カベルネ・ソーヴィニョン
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 12.5% 飲み頃温度帯 10〜16℃

品 名  完売致しました 価格
ルミュー・メナンジュ 2011 ¥2,743 (外税)





Contre-Pied 12.13
ピエール・ルス コントルピエ 12.13   有機栽培

 出汁のようなエキス感♪

 無口で控えめ、見ようによっては少し変わった人とも言えますが、仕事は早くて正確、実直そうな部分も感じる生産者。
 フランスのヴァン・ナチュールの生産者の中でも、ひときわ個性的なワインを造る人物で、それ故に販売でもかなり苦労しているようです。
 しかし、しっかりと向き合いながら飲み進めると、実に魅力に溢れる味わいを実感頂けるはずです。

 平らでやや北向きの粘土石灰質土壌。
 樹齢約13年の葡萄を使用しています。
 2012年と2013年は非常に収量が少なかったため、2014年の春先に2つのヴィンテージをブレンドして、2014年6月6日に瓶詰めしたものがコントル・ピエです。

 両年ともに同じ醸造を採っており、メルローはカベルネの前に熟したため先に収穫して房ごとタンク内で破砕、数日間マセラシオンさせた後にプレスしてタンクでジュースだけを発酵。
 カベルネ2種は遅摘みしてメルロー同様に醸造、発酵終了後にメルローのタンクに入れて熟成させました。

 エッジにややオレンジが見られる中程度の赤色。
 果実の香りは控えめですが、口に含むと優しく広がる甘みと果実のエキスがしっかりと感じられます。

 梅や赤紫蘇のような風味と黒系果実の果実味が混ざりあい、細かなタンニンが僅かに残ります。
 果実の風味や味わいの深さや旨味が十分に感じられることで、揮発酸がほど良く溶けこんでおり、かえって果実のボリューム感を上手く整え、輪郭を際立たせるかのような役割を果たしています。

 開いてくると、より一層梅かつおのような出汁を想わせる旨味が増していきます。

     
原産国 フランス 地方 ルーション
品種 メルロー70%、カベルネ・フラン20%
カベルネ・ソーヴィニョン10%
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 12% 飲み頃温度帯 10〜14℃

品 名  完売致しました 価格
コントルピエ 12.13 ¥2,072 (外税)





Peccadille 15.16
ピエール・ルス ピカディーユ 15.16   有機栽培

 果実の優しい甘みと果実味♪

 無口で控えめ、見ようによっては少し変わった人とも言えますが、仕事は早くて正確、実直そうな部分も感じる生産者。
 フランスのヴァン・ナチュールの生産者の中でも、ひときわ個性的なワインを造る人物で、それ故に販売でもかなり苦労しているようです。
 しかし、しっかりと向き合いながら飲み進めると、実に魅力に溢れる味わいを実感頂けるはずです。

 平らでやや北向きの粘土石灰質土壌。
 樹齢約15年の葡萄を使用しています。
 2016年は非常に収量の少なかったため、同じ区画のピノ・ノワール2015年と2016年2つのヴィンテージを2016年の秋にブレンドして、2016年11月4日に瓶詰めしたものがピカディーユです。
 両年ともに同じ醸造を採っており、4日間という短い期間のマセラシオンカルボニックです。
 2015年のワインに新しいヴィンテージの2016年を加えることで、若々しいフレッシュさを感じさせるスタイルに仕上げています。

 やや濁りのある淡くオレンジがかった赤色で、果実の香りは控えめですが梅やプラム、ドライ苺などが仄かに薫り、甘草など甘やかなドライハーブの香りも混ざり複雑さも感じさせます。

 口に含むと完熟した苺などをかじった時のような、溢れる果汁の優しい甘みと果実味が広がり、その後切れの良い酸が感じられます。
 その酸はしっかりとしながらも円みがあり、果実味や甘さのバランスを整えエレガントな印象へ導いてくれています。

 軽やかで柔らかく、尚且つ旨味が充分に感じられ、気がついたら飲み進めているような、甘酸っぱい味わいです。

     
原産国 フランス 地方 ルーション
品種 ピノ・ノワール100%
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 13% 飲み頃温度帯 10〜14℃

品 名 価格
ピカディーユ 15.16 ¥3,943 (外税)





Escapade 2015
ピエール・ルス エスカパード 2015   有機栽培

 果実の優しい甘みと果実味♪

 無口で控えめ、見ようによっては少し変わった人とも言えますが、仕事は早くて正確、実直そうな部分も感じる生産者。
 フランスのヴァン・ナチュールの生産者の中でも、ひときわ個性的なワインを造る人物で、それ故に販売でもかなり苦労しているようです。
 しかし、しっかりと向き合いながら飲み進めると、実に魅力に溢れる味わいを実感頂けるはずです。

 平らでやや北向きの粘土石灰質土壌。
 樹齢約15年の葡萄を使用しています。
 メルローはカベルネの前に熟したため先に収穫して房ごとタンク内で破砕、数日間のマセラシオンを経てプレス後タンクでジュースだけを発酵。
 カベルネ2種は遅摘みしてメルロー同様に醸造、発酵終了後にメルローのタンクに入れて熟成させました。

 2015年は、春は乾燥し8月は少し雨が降ったことで、順調に発育と成熟が進み状態の良い葡萄が収穫できました。
 結果として例年に比べ酸が柔らかいラングドックの地を想わせる太陽のようなワインに仕上がりました。

 やや黒みがかった深いガーネット色。
 しっかりと完熟し色づきの良い葡萄だったことが伺えます。

 レーズンやセミドライプルーン、イチジクのコンポートなどの凝縮した果実の風味に、フレッシュなベリー系の果実が混ざり合うような香りや風味が感じられます。
 これまでの赤ワインは赤紫蘇や梅などの若々しい果実感で、キリッとした印象とダシのような旨味を感じさせる味わいが多かったですが、今回の2015年はミディアムな仕上がりながらも重心が低めで、ドライフルーツなどの凝縮した果実味やカカオのような風味が特徴的です。

 ピエール・ルスのイメージは揮発酸の高さを思い浮かべがちですが、このワインは葡萄本来が持っている柔らかく心地よい酸で、完熟した果実味を感じさせながら、軽いタッチでスムーズな飲み心地にさせてくれています。
 もしこの小気味良い酸がなければ非常にボリューム感があり、甘み豊かなワインになっていたと容易に想像できます。

 酸と控えめな甘みは、飲み心地の軽さや全体のバランスを整え、熟した果実味や余韻に残るカカオのようなビターな風味などをうまく引き立ててくれています。

     
原産国 フランス 地方 ルーション
品種 メルロー65%、カベルネ・フラン25%
カベルネ・ソーヴィニョン10%
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 13% 飲み頃温度帯 10〜14℃

品 名 価格
エスカパード 2015 ¥3,172 (外税)



当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori-sake.biz All Rights Reserved.