奈良の地酒屋 登酒店
奈良の地酒
各地の地酒
各地の焼酎
本場の泡盛
各種リキュール
ワイン
ビール
調味料/食品
店舗案内
蔵見学/酒の会
豆知識
四代目日記
シャトー・ド・ゴール
Chateau de Gaure
目指せ!ラングドックのグランヴァン♪


南仏リムーに位置しているシャトー・ド・ゴール。
2007年のビンテージから日本に上陸しました。

ここのオーナーPierre Fabre氏は元は南仏Nime生まれ。
エンジニアとして優秀な技術者でベルギーの大きなプラスティック工場長として20年以上勤務しましたが、
リタイヤ先の家を2004年に南仏に購入。
何と200haもある大きな敷地に13世紀の古いお城があり、そこではペンションも経営しております。
その中には25haの畑が付いてきており、それならばワインを作ろうと決心したのです。

もともと彼は南仏で5世代続いた葡萄栽培家の家に生まれました。
そこでは醸造はしておらず、葡萄は全て協同組合に売っておりました。
醸造家の道を選ばなかったピエールはこの家の購入をきっかけにワイン作りをしよう!
するならば自然でかつ最高品質のワインを作ろう!と決心します。
そして購入した2004年から化学製品を全く使わない葡萄畑に栽培に大改造、2005年から醸造を始めました。
彼はベルギーに住んでいるので、若き醸造家Marc Bertrand氏(1977年生)を2005年にスタッフに迎えました。
マークは元々ブルゴーニュ・ディジョンの醸造学校で学び、アルザスやオーストリア等々の産地でワイン作りを勉強しておりました。
彼もたどり着いたのは無農薬。その彼とピエールが出会い、この25haの大きな畑をビオへ大改革の計画に着手しました。
が、口で言うほど簡単ではありません。もともと化学肥料を使用していた畑です。
でも前の所有者は最後の2年間(2002/2003年)はもう畑に手をつけなかったので、かなり荒れ放題でした。
が、幸か不幸か一切化学的なものは畑に入れていませんでした。

2005年にマークがこのシャトーに醸造責任者として任命されてから、最初の1年は畑作りに集中するため、
その年は残念ながらほとんど協同組合に葡萄を売りました。
なので2004年からあるこのシャトーは、実質2006年から本格的醸造となるのです。
やっとワインを醸造して販売できたのは2006年からです。

広い広い畑は高さ300mの標高で、なだらかな傾斜になっており、森の中に独立して存在しておりますので、鳥の声しか聞こえません。
その高さがこのワインの酸味を形成してくれております。

最初は苦労の連続でしたが、Revue du Vin de Franceと言う本で
2006年ビンテージの新発見された5つのワインの内の1つとして紹介され、
それ以降目実共に南仏ではこのシャトーの知名度が上がり、フランスは元より世界各国から受注が来るようになり忙しくなりました。

オーナーのFabreさんは絵を描くのが大好きで、醸造所の入り口に彼の大作が飾られております。
そしてワインのラベルは何と彼の絵です。とっても素敵なラベルで、Fabreさんの多才ぶりが解ります。






Campagne De Gaure Chardonnay 2015
シャトー・ド・ゴール カンパーニュ・ド・ゴール・シャルドネ 2015   有機栽培

 低価格ながらも上質感のある仕上がり♪

 南仏で5世代続いた葡萄栽培家の家に生まれた、オーナーのピエール。
 そこでは醸造はしておらず、葡萄は全て協同組合に売っておりました。
 醸造家の道を選ばなかったピエールですが、25haの畑が付いた家の購入をきっかけにワイン作りをしよう!するならば自然でかつ最高品質のワインを作ろう!と決心します。
 そして購入した2004年から化学製品を全く使わない葡萄畑に栽培に大改造、2005年から醸造を始めました。

 この視ローズは、単発で実験的に造ってみた新キュヴェで、シャルドネ主体にマカブーをアッサンブラージュし木樽発酵。
 辛口に仕上げるためバトナージュを行い、7ヶ月熟成しました。

 程よいとろみのある淡いイエローの外観からパインや黄桃、青リンゴの香り、少々樽のニュアンスも感じられます。

 南国系果実味にライムの酸が流れる、南仏らしい華やかな印象ながらもリッチな果実味があり、程よい樽感が効いています。

 飲み心地の良さにミネラルもバランスよく感じられる、コスパの高い逸品に仕上がっています。

     
原産国 フランス 地方 ラングドック
品種 シャルドネ95%
マカブー5%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 14% 飲み頃温度帯 10〜16℃

品 名  完売致しました 価格
カンパーニュ・ド・ゴール・シャルドネ 2015 ¥1,714 (外税)





Limoux Blanc 2016
シャトー・ド・ゴール リムー・ブラン 2016   有機栽培

 ジューシー感のある果実味♪

 南仏で5世代続いた葡萄栽培家の家に生まれた、オーナーのピエール。
 そこでは醸造はしておらず、葡萄は全て協同組合に売っておりました。
 醸造家の道を選ばなかったピエールですが、25haの畑が付いた家の購入をきっかけにワイン作りをしよう!するならば自然でかつ最高品質のワインを作ろう!と決心します。
 そして購入した2004年から化学製品を全く使わない葡萄畑に栽培に大改造、2005年から醸造を始めました。

 この白ワインは、3種の白葡萄を木樽で発酵、辛口に仕上げるためバトナージュを行い、そのまま7 ヶ月熟成しました。

 輝くイエローの外観から、青リンゴやレモンバーベナ、パインの南国系果実のアロマが拡がります。

 ふくよかな果実に程よく伸びるライム的な酸と少しの塩味、ココナッツウォーターのような滑らかさを感じる味わいです。

 例年よりもボリューム控えめで、落ち着いた印象です。

     
原産国 フランス 地方 ラングドック
品種 シャルドネ85% シュナンブラン10%
モーザック5%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 14% 飲み頃温度帯 10〜16℃

品 名 価格
リムー・ブラン 2016 ¥2,314 (外税)





Oppidum 2015
シャトー・ド・ゴール オピドゥム 2015   有機栽培

 凝縮感とボリューム感♪

 南仏で5世代続いた葡萄栽培家の家に生まれた、オーナーのピエール。
 そこでは醸造はしておらず、葡萄は全て協同組合に売っておりました。
 醸造家の道を選ばなかったピエールですが、25haの畑が付いた家の購入をきっかけにワイン作りをしよう!するならば自然でかつ最高品質のワインを作ろう!と決心します。
 そして購入した2004年から化学製品を全く使わない葡萄畑に栽培に大改造、2005年から醸造を始めました。

 この白ワインは、「オピドゥム(意:要塞)」が建てられた所に畑があることから命名されました。
 粘土石灰土壌に植わる3種の白葡萄を木樽で発酵、そのまま10 ヶ月熟成しました。

 ホワイトイエローの外観から華やかさのある青りんごのアロマ、時間と共にナッツやアプリコットのニュアンスを感じます。

 口当たりは柔らかで、しっとりとしたアタック。
 円みのある塩気を帯びた上質な果実味。

 ジューシーな要素とエレガントな要素を併せ持つ味わいで、リッチなボリューム感に飲み心地の良さが楽しめます。

     
原産国 フランス 地方 ラングドック
品種 シャルドネ75% シュナンブラン20%
モーザック5%
タイプ やや辛口 容量 750ml
アルコール度数 14% 飲み頃温度帯 10〜16℃

品 名 価格
オピドゥム 2015 ¥2,828 (外税)





Campagne De Gaure Syrah 2015
シャトー・ド・ゴール カンパーニュ・ド・ゴール・シラー 2015   有機栽培

 低価格ながらも上質感のある仕上がり♪

 南仏で5世代続いた葡萄栽培家の家に生まれた、オーナーのピエール。
 そこでは醸造はしておらず、葡萄は全て協同組合に売っておりました。
 醸造家の道を選ばなかったピエールですが、25haの畑が付いた家の購入をきっかけにワイン作りをしよう!するならば自然でかつ最高品質のワインを作ろう!と決心します。
 そして購入した2004年から化学製品を全く使わない葡萄畑に栽培に大改造、2005年から醸造を始めました。

 この視ローズは、単発で実験的に造ってみた新キュヴェで、シラー主体にメルローをアッサンブラージュしセメントタンクとフードルで発酵後、木樽にて熟成。

 深みのあるすみれ色の外観。
 香りには華やかさがあり、ベリーのニュアンス。
 少々スパイシーで胡椒のような要素も感じられます。

 心地の良い滑らかなテクスチャー、カシスジュースに白胡椒のニュアンスが点在し、程よく細かいタンニンがアクセントになっています。

 重いというほどではないですが、詰まった果実味が楽しめるエレガントな仕上がりです。

     
原産国 フランス 地方 ラングドック
品種 シラー95%
メルロー5%
タイプ ミディアム 容量 750ml
アルコール度数 14% 飲み頃温度帯 12〜18℃

品 名 価格
カンパーニュ・ド・ゴール・シラー 2015 ¥1,714 (外税)





Languedoc Rouge 2015
シャトー・ド・ゴール ラングドック・ルージュ 2015   有機栽培

 北の風格を持つ南仏ワイン♪

 南仏で5世代続いた葡萄栽培家の家に生まれた、オーナーのピエール。
 そこでは醸造はしておらず、葡萄は全て協同組合に売っておりました。
 醸造家の道を選ばなかったピエールですが、25haの畑が付いた家の購入をきっかけにワイン作りをしよう!するならば自然でかつ最高品質のワインを作ろう!と決心します。
 そして購入した2004年から化学製品を全く使わない葡萄畑に栽培に大改造、2005年から醸造を始めました。

 シスト土壌に育つ4種の黒葡萄をセメントタンクで発酵、木樽で7 ヶ月熟成しました。

 深いガーネットの色調から華やかでエレガントなベリーやカシス、少々タバコの香りを感じます。

 口当たりにはやや軽快さやフレッシュさがあり、重さはそれ程感じないながらも、スムースなテクスチャーにきめの細かいタンニン、スパイシー感を感じます。

 木の実や青オリーブのナッティな味わいと煮込み系のニュアンス、プルーンのような甘みにほろ苦さがアクセントとなっています。

 南のワインにありがちな厚ぼったさが少なく、シュッとした雰囲気を持つ赤ワインです。

     
原産国 フランス 地方 ラングドック
品種 シラー40% カリニャン30%
グルナッシュ15%
ムールヴェドル15%
タイプ ミディアムボディ 容量 750ml
アルコール度数 14% 飲み頃温度帯 12〜16℃

品 名  完売致しました 価格
ラングドック・ルージュ 2015 ¥2,143 (外税)





Pour Mon Pere 2015
シャトー・ド・ゴール プール・モン・ペール 2015   有機栽培

 ボルドーの風格を持つ味わい♪

 南仏で5世代続いた葡萄栽培家の家に生まれた、オーナーのピエール。
 そこでは醸造はしておらず、葡萄は全て協同組合に売っておりました。
 醸造家の道を選ばなかったピエールですが、25haの畑が付いた家の購入をきっかけにワイン作りをしよう!するならば自然でかつ最高品質のワインを作ろう!と決心します。
 そして購入した2004年から化学製品を全く使わない葡萄畑に栽培に大改造、2005年から醸造を始めました。

 「お父さんへ」という意味のキュヴェ名で、は2009年に他界したお父様を偲んで名付けられました。
 シスト土壌に植わる高樹齢80年のカリニャンを中心に2 ヶ月醸した後、セメントタンクで発酵、木樽で熟成しました。

 濃い赤紫の外観、バルサミコやインクのアロマを感じます。

 口当たりには円みがあり、少々塩気のあるアタック。
 タンニンはそれほど強く感じませんが、密度感のある果実味がボリューム感を感じさせます。

 セパージュ自体は南仏らしいものですが、エレガントさ、厚み、風格のある味わいは、どこかボルドーのメルロー主体のワインのようです。

     
原産国 フランス 地方 ラングドック
品種 カリニャン40% グルナッシュ20%
ムールヴェードル20% シラー20%
タイプ ミディアムボディ 容量 750ml
アルコール度数 14% 飲み頃温度帯 12〜16℃

品 名 価格
キュヴェ・プール・モン・ペール 2015 ¥2,828 (外税)



当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori-sake.biz All Rights Reserved.