奈良の地酒屋 登酒店
奈良の地酒
各地の地酒
各地の焼酎
本場の泡盛
各種リキュール
ワイン
ビール
調味料/食品
店舗案内
蔵見学/酒の会
豆知識
四代目日記
ミッシェル・ギニエ
Michel Guignier
果汁100%のワイン!



フルーリーから北西方面にあるヴォールナール村で、1954年に父と二人で創業した。
当時から有機栽培に取り組み、その後クリスチャン・デュクリューの影響を受けてビオディナミへ転向。
2007年にdemeter(デメテール)の認証を取得した。

現在は、可能な区画は全て馬で耕作している。
ミッシェルは、品質の高いワインを造るための大切な要素がブドウ栽培にあると考え
当初は総面積17haから始めた畑を7haに大幅縮小、他の生産者が使う農薬や除草剤などの影響を避けるため
残りの土地は全て牧草地に変えた。

醸造は全てセミ マセラシオンカルボニック、一貫して亜硫酸無添加、フィルターも清澄作業もしていない。
そのためか、新しいエチケットには「Vin Pur Jus」(果汁100%のワイン)と印字してされている。

(インポーター資料より)





Mystere de Rosee 2014
ミッシェル・ギニエ ミステール・ド・ロゼ 2014   ビオディナミ

 甘酸っぱく軽快なロゼ♪

 ミッシェル・ギニエは、可能な区画は全て馬で耕作。
 品質の高いワインを造るための大切な要素がブドウ栽培にあると考え、当初は総面積17haから始めた畑を7haに大幅縮小、他の生産者が使う農薬や除草剤などの影響を避けるため、残りの土地は全て牧草地に変えました。
 醸造は全てセミ・マセラシオンカルボニック、一貫して亜硫酸無添加、フィルターも清澄作業もしていません。

 春や朝の瑞々しい爽やかさをイメージして造った辛口で、特にロゼには軽快さを感じさせたいとの事で暑い年には醸造は控えています。

 やや濁りのある淡いサーモンピンクの可愛らしい色合いです。
 苺や桃、コケモモやバラの様な香りで大岡さんのロゼに似た雰囲気があります。

 口当たりは瑞々しく、しっかりとした酸味を伴う軽快な果実味。

 スモモや梅サワーのようなニュアンスがあり、甘さはないですが、甘酸っぱ系の味わいです。

 ロゼというよりは、軽めのマセラシオンワインのような雰囲気も感じられますが、味わい自体は優しく、スッキリと飲み進められます。

 暑い季節にキリッと冷やして楽しみたくなるような、甘酸っぱく軽快な仕上がりです。

     
原産国 フランス 地方 ボジョレー
ロゼ 品種 ガメイ100%
タイプ 辛口 容量 750ml
アルコール度数 10.5% 飲み頃温度帯 8〜16度
AOC Vdフランス

品 名  完売致しました 価格
ミステール・ド・ロゼ 2014 ¥2,300 (外税)





Oh…! 2014
ミッシェル・ギニエ オー! 2014   ビオディナミ

 水代わりに飲めるワイン!?

 ミッシェル・ギニエは、可能な区画は全て馬で耕作。
 品質の高いワインを造るための大切な要素がブドウ栽培にあると考え、当初は総面積17haから始めた畑を7haに大幅縮小、他の生産者が使う農薬や除草剤などの影響を避けるため、残りの土地は全て牧草地に変えました。
 醸造は全てセミ・マセラシオンカルボニック、一貫して亜硫酸無添加、フィルターも清澄作業もしていません。

 同じ畑で収穫日が一日づつ違う、つのタンクの上の部分を混ぜたキュヴェ。

 ”ドキッとするような”という意味合いの”oh!”と、フランス語で”水”という意味の”eau(オー)”を掛けた名前で、水代わりに飲めるような軽やかなスタイルとなっています。

 透明感のある軽やかな赤色で、小梅や熟したザクロなどの赤い小さな果実を想わせる香りや果実味があります。

 口当たりは瑞々しく、非常に軽快。
 アルコール感をほとんど感じない葡萄ジュースのような印象。

 円みがあり、滑らかでシルキー。
 控えめな甘みや果実味、とても細かいタンニンなどの味わいの要素が中心にある酸とうまく絡み合い、抜群のバランスを保っています。

 何の引っ掛かりもなく、すっと体に沁みていき、軽やかな仕上がりながら、余韻には果実由来の甘酸っぱく可愛らしい果実の風味が残ります。

     
原産国 フランス 地方 ボジョレー
品種 ガメイ100%
タイプ ややライトボディ 容量 750ml
アルコール度数 10.5% 飲み頃温度帯 8〜14℃
AOC Vdフランス

品 名 価格
オー! 2014 ¥2,272 (外税)





La Bonne Pioche 2014
ミッシェル・ギニエ ラ・ボンヌ・ピオッシュ 2014   ビオディナミ

 綺麗な果実味と角の無い柔らかさ♪

 ミッシェル・ギニエは、可能な区画は全て馬で耕作。
 品質の高いワインを造るための大切な要素がブドウ栽培にあると考え、当初は総面積17haから始めた畑を7haに大幅縮小、他の生産者が使う農薬や除草剤などの影響を避けるため、残りの土地は全て牧草地に変えました。
 醸造は全てセミ・マセラシオンカルボニック、一貫して亜硫酸無添加、フィルターも清澄作業もしていません。

 このワインは、樹齢45年のガメイを使用した赤ワイン。

 ややオレンジがかった軽快な赤色で、チェリーや赤すぐり、グレナデン・シロップなどの完熟した甘酸っぱい赤い果実がつめ込まれた様な香りと味わいが感じられます。
 ややフレッシュハーブや白胡椒など爽やかな香りが混ざり合い複雑さも見られます。

 口当たりは瑞々しく、しっとりとしたエキス感。
 しっかりとしながらも円みのある甘酸っぱ系の酸がワインの骨格を支えていますが、軽快でナチュラルな果実味や穏やかな甘さ、繊細なタンニンはどれかが突出すること無くとてもバランスの整った印象を受けます。

 軽やかな口当たりで馴染むように喉へと流れていきますが、味わいはしっかりとし旨味や深さを感じ取ることができます。

 様々な食事に合わせ易くついつい飲み進めたくなる魅力的なワインです。

     
原産国 フランス 地方 ボジョレー
品種 ガメイ100%
タイプ ミディアムボディ 容量 750ml
アルコール度数 10.5% 飲み頃温度帯 8〜14℃
土壌 花崗岩土壌 AOC ACボジュレー・ヴィラージュ

品 名 価格
ラ・ボンヌ・ピオッシュ 2014 ¥2,657 (外税)



当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori-sake.biz All Rights Reserved.