奈良の地酒屋 登酒店
奈良の地酒
各地の地酒
各地の焼酎
本場の泡盛
各種リキュール
ワイン
ビール
調味料/食品
店舗案内
蔵見学/酒の会
豆知識
四代目日記

今西清兵衛商店
屠蘇酒
(とそざけ)


春鹿 屠蘇酒|今西清兵衛商店  奈良の有名蔵元であり「春鹿」の醸造元である、今西清兵衛商店のリキュール第一弾です!

 しかも一発目に屠蘇酒とは・・・春鹿らしいですね。
しかも奈良町にある老舗漢方薬局『菊岡漢方薬』に特別に屠蘇散を煎じて頂いたというこだわりです。

 味わいも非常に飲みやすく、みりんによる甘味と、シナモン(桂皮)・山椒の風味がバランス良く溶け合っています。

 新年を迎えるにあたって、日本古来のお屠蘇を酌み交わしませんか?

 ちょっとした贈り物や手土産にも最適ですよ。

<お屠蘇とは・・・>
 お屠蘇は、魏(ぎ)・呉(ご)・蜀(しょく)が争った中国の三国時代(3世紀)の名医・華佗(かだ)が処方した漢方の万能薬「屠蘇散」を浸け込んだ薬酒です。「屠蘇」とは、「蘇」という鬼を「屠る(ほふる)」、つまり“邪気を払う”という意味で、中国では唐の時代(7〜10世紀)にお正月の行事となりました。日本でも平安時代、嵯峨(さが)天皇の御世(9世紀)に宮中行事となり、その後縁起のよいお酒として庶民にも広がりました。現在、この習慣は中国にはないそうですが、とかくお正月は、お節料理やらお酒やらで、つい胃腸も疲れ気味、また一段と寒くなる季節です。お屠蘇は消化不良や風邪の予防にも最適な健康酒です。
 また、 お正月の朝、天神地祇を拝み、一年の家内安全を祈る「四方拝」のあとに、家族全員で酌み交わす『お屠蘇』は、邪気を払い、「無病息災」や「延命長寿」を願うだけでなく、家族の絆を深める日本の習わしです。
 
原材料 清酒、本みりん、山椒果皮、
みかん皮、桔梗根、浜防風、桂皮
アルコール度 12度
品 名  完売致しました 価格
屠蘇酒 300ml \700 (外税)




当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用をお断りします。
すべての内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 引用・転載の際は必ずご連絡下さい。
Copyright(C)2005 nobori-sake.biz All Rights Reserved.